泥付き里芋の保存方法は土つきのまま?長持ちする保存場所や保存期間

土付きの里芋の保存の仕方 芋類
スポンサーリンク

泥付きの里芋はあまりスーパーでみかけないので、保存方法ってちょっと迷いますよね。

菜園をやっている方からおすそ分けで、湿った泥がついた里芋を貰っても保存の仕方がわからないと困っちゃいます。

泥付きの里芋は洗ってから保存した方がいいのか?どうやって保存したら長持ちするのか?など、詳しく紹介します。

せっかく新鮮な泥付きの里芋をもらったら、最後まで美味しく食べたいですよね。

スポンサーリンク

里芋の保存方法 土つきの場合

里芋は、寒さと乾燥に弱いため、水に濡れたり乾燥しすぎたりすると傷みやすくなります。

そのため、土付きのまま常温で保存するのがいいとされています。

土付きの里芋は、そのまま通気性の良いカゴや紙袋などに入れ、冷暗所で保存します。

もし、土が付いていても表面が乾いている里芋は、湿らせた新聞紙で包んでおきます。

里芋の量が多い場合は、ダンボール箱に新聞紙を敷き、その上に里芋を並べて更に新聞紙を被せます。

ダンボールの蓋はせずに、そのまま風通しのよい場所で保存します。

また、暑い時期や長期間里芋を保存する場合は、皮をむいて冷凍庫で保存するのもおすすめです。

【関連記事】
里芋の冷凍保存の仕方についても紹介しています。
⇒ 里芋の簡単な皮のむき方と冷凍保存の方法

里芋の保存場所

里芋の保存に適した温度は、10℃~25℃くらいです。

夏場になると気温が上がりますので、常温での保存は難しくなりますよね。

スポンサーリンク

里芋の冷蔵庫での保存方法

暑い時期に里芋を保存する場合は、常温よりも野菜室で保存するほうが安心です。

野菜室は室温が10℃以下になりますので、野菜室で里芋を保存する場合は、泥付きのままの里芋を3~4個づつ新聞新で包みビニール袋に入れて野菜室に入れます。

新聞紙やビニール袋に入れることで、里芋が冷えすぎたり乾燥することを防ぐことができます。

通常の冷蔵室に里芋を入れてしまうと、温度が低すぎて里芋が低温障害になってしまいます。

低温障害を起こした里芋は、中が赤くなって美味しくなくなりますので、気をつけてくださいね。

【関連記事】
里芋の低温障害についても紹介しています。
⇒ 里芋の赤い線や点々は食べられる?赤くなる原因や新鮮な里芋の見分け方

里芋の保存期間

里芋の保存できる期間は、保存方法によって変わってきます。

冷暗所や常温で里芋を保存する場合は、約1ヶ月保存が可能です。

野菜室で里芋で保存できる期間は、約2週間と野菜室に入れると保存期間が短くなりますので、注意してくださいね。

冷凍庫で里芋を保存する場合は、約1ヶ月間保存ができます。

夏場の暑い時期は、少し手間がかかりますが、野菜室で保存するよりも皮を剥いて冷凍した方が、長持ちしますね。

泥付きの里芋の保存方法 まとめ

泥付きの里芋を保存するときは、泥は洗い流さずにそのまま風通しの良い場所で保存します。

湿気の多い季節や気温が25℃を超える場合は、常温では傷んでしまうので、新聞紙に包みビニール袋に入れて野菜室で保存します。

ただ、野菜室に入れてしまうとあまり長持ちしませんので、暑い時期に里芋を保存する場合は、皮を剥いて冷凍庫での保存がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました