潮干狩りのあさりの食べ方!砂抜き方法や保存方法と賞味期限

潮干狩りのアサリの食べ方 魚介類
スポンサーリンク

潮干狩りで沢山とれたあさりを目の前に、どうやって食べよう?と考えちゃいますよね。

子供も自分でとったあさりは、スーパーで買うあさりよりも何倍も喜んで食べてくれます。

あさりの上手な砂抜きの方法や、注意すること、更に美味しく食べるための工夫を紹介します。

また、あさりの酒蒸しがしょっぱいという方は、砂抜きだけでなく潮抜きもすると塩分が抜けます。

あさりが沢山とれすぎて一度に食べきれないときの保存方法や、賞味期限なども参考にしてみてくださいね。

せっかく捕れたあさりを最後まで美味しく食べたいですね。

スポンサーリンク

潮干狩りのあさりの砂抜きの方法

潮干狩りで取ってきたあさりは、まずは砂抜きをする必要があります

砂抜きというのは、あさりが食べてしまった砂を吐いてもらうことです。

あさの砂抜きの方法を説明しますね。

  • 潮干狩りで取ってきたあさりを流水で洗います。

あさりをこすり合わせるようにゴリゴリを洗うことが大切です。

これは、あさりの貝の部分に着いている、汚れや雑菌などを洗い流すことが目的です。

あさりの表面には「腸炎ビブリオ」という菌が付着していることがあります。これは、魚介類に付いている菌で食中毒の原因になります。

シンクであさりを洗う場合、まな板や他の食品にあさりを洗ったときの水がつかないように注意してくださいね。

  • 洗ったあさりをバットなどなるべく浅めの容器に重ならないように入れ、持ち帰ってきた海水をたっぷり入れます。
  • あさりを入れた容器の上に新聞紙を乗せます。

新聞紙を乗せることで、暗くなりあさりが砂をよく吐いてくれます。また、あさりが砂を吐くことで、周りが濡れてしまうのを防ぐこともできます。

  • 4時間ほどこのまま置いておきます。
  • 4時間ほどたったら、あさりをザルにあげます。
  • あさりを再び流水で洗います。

流水でしっかりとあさりをこすり合わせるように洗いましょう。

あさりの砂抜きの塩分濃度や温度

あさりの砂抜きには海水を持ち帰り砂抜きに使うのが一番ですが、海水がない場合は約3%の塩水を作って砂抜きをします。

3%の塩水を作る方法は、水500ccに大さじ1杯の塩を溶かせば作れます。

また、あさりが活発に活動するのは水温が20度くらいまでです。

春から初夏なら、なるべく涼しい場所において砂抜きをするといいですね。

気温が高いからと冷蔵庫に入れて砂抜きをすると、反対にあさりが休眠状態になってしまい、うまく砂を吐いてくれない場合があります。

真夏の暑い時期は、あさりの腐敗がきになりますので冷蔵庫で砂抜きをして良いですが、水温が20度を超えない場合は、室温で砂抜きをして方が上手に砂抜きができますよ。

 

冷蔵庫で砂抜きをして、あさりが半開きになってしまったときは、

あさりを冷蔵庫に入れたら死ぬ?半開きで死んだあさりは食べれるか?
あさりを冷蔵庫に入れておいたら半開きになってしまうことがあります。半開きになってしまったあさりを食べても大丈夫なのか心配になりますが、あさりが死んでいるか?食べても大丈夫なのか?の見分け方について紹介します。簡単にできますので試してみてくださいね。

半開きのあさりは食べられるか?を、わかりやすく紹介していますので、こちらも見てみてくださいね。

スポンサーリンク

潮干狩りのあさりの塩抜き(潮抜き)の方法

砂抜きが終わったあさりは、塩抜きもすると更に美味しく食べることができますよ。

あさりを塩抜きする理由は、あさりの体内にある塩分を抜くことと、貝のうまみ成分の「コハク酸」を作るためです。

あさりは海水から出すことで苦しくなり、コハク酸を作ります。このコハク酸が増えることであさりの旨みが増えますので、時間がある場合は塩抜きをしてくださいね。

あさりの塩抜きの仕方

  • 砂抜きをしたあさりは、塩水から出しボウルなどに入れて、3時間ほど放置します。
  • 3時間ほどしたら流水で表面を洗います。

たったこれだけで、あさりの旨み成分が増えて、塩辛さが減るんですよ。

あさりを放置するときに、乾燥が気になるようでしたら、濡らしたキッチンペーパーなどをかけておいてくださいね。

また、砂抜きのときと同じように新聞紙を乗せておくのもオススメです。

塩抜きをする時間がないというときは、砂抜きだけすれば塩抜きはしなくても大丈夫ですが、あさりの体内に塩分が残っていますので、普通に調理するとかなりしょっぱいと感じると思います。

潮抜きしていないあさりを料理する場合は、かなり塩分を控えるか、塩分を入れないくらいで大丈夫ですよ。

潮干狩りのあさりの保存方法

潮干狩りで沢山とったあさりが食べきれない場合は、冷蔵庫で1~2日程度保存することができます。

あさりを冷蔵庫で保存する方法

冷蔵庫で保存する場合は、砂抜き後のあさりを新しい3%の塩水に入れ替え冷蔵庫に入れます。

冷蔵庫であさりを保存する場合は、2日程度しか持ちませんので、食べきれないあさりは砂抜きと塩抜きをした後に、早めに冷凍庫で保存するほうがオススメです。

潮干狩りのあさりを冷凍庫で保存する方法

あさりを冷凍庫で保存するときは、砂抜きと塩抜きをした後に水気を切ってジップロックに入れて冷凍します。

あさりをジップロックに入れるときは、なるべく平らに並べてしっかり空気を抜いてくださいね。

凍ったあさりを料理に使うときは、解凍せずにそのまま料理に使えます。

潮干狩りのあさりの賞味期限

冷蔵庫で保存したあさりは2日ほど保存できますが、あくまでも目安ですので食べる前に、傷んでいないかしっかり確認してくださいね。

特に、このような状態になっていたら食べないほうがいいですよ。

  • あさりが腐ったような臭いがする
  • あさりの身が溶けたようになっている
  • 調理をしてもあさりが開かない

食べられないあさりの見分け方紹介していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

⇒ あさりを冷蔵庫に入れたら開いてる!死んだあさりは食べれるか見分け方

冷凍庫で保存したあさりの賞味期限は約3週間です。

冷凍したあさりも、なるべく早く食べるようにしてくださいね。

潮干狩りでとったアサリの食べ方 まとめ

潮干狩りでとってきたあさりは、流水で洗い砂抜きや塩抜きをすることで美味しく食べられます。

沢山あさりが取れて食べきれないときは、冷蔵庫でも保存できますが、なるべく早く冷凍するほうがおすすめです。

家族でとったあさりはスーパーで買うあさりよりも、ずっと美味しく感じますよね。

上手に下処理をして、最後まで美味しく食べたいですよね。

タイトルとURLをコピーしました