白貝の食べ方と下ごしらえの砂抜きの時間!簡単で美味しい酒蒸しレシピ

皿貝の砂抜き方法 魚介類
スポンサーリンク

白貝とは、北海道から房総半島に生息している殻の色が白い貝です。万寿貝とも言われています。また、殻がお皿の形をしていることから、皿貝と呼ばれることもあります。

ちょっぴり甘みがあって美味しい北海道産の白貝ですが、地域によっては普段スーパーなどではあまり見かけないこともあります。

そのため食卓に並ぶことも珍しく、調理をしたことがないという人も多いんじゃないでしょうか?

実は、我が家では初めて白貝を食べたときに、ちゃんと砂抜きをしたはずなのに、砂がジャリジャリで食べられなかったのです。

白貝の食べ方や砂抜きの仕方、簡単に作れる酒蒸しのレシピも紹介しますね。

スーパーで白貝を見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

白貝の食べ方

手の平ほど大きい白貝は、初めて見たときどうやって食べるんだろう?と思っちゃいますよね。

白貝の代表的な食べ方は、酒蒸しやバター焼きはもちろん、味噌汁やムニエル、パスタなど色々な料理に使えます。

殻を外しむき身にすると、炒めものやカレーに入れたり料理の幅も広がります。

おつまみ系からおかず系まで結構なんにでも使える食材です。

酒蒸しやバター焼きはあさりと同じような調理方法で食べることができます。

白貝は焼く・煮る・蒸すなど色々な調理法で作っても硬くはならないので、使いやすい食材ざすね。

スポンサーリンク

白貝の砂抜きの時間

白貝はだいたい7~8㎝と大きめなので砂がたくさん入っていて、アサリなどより砂抜きにとても時間がかかります。

この砂抜きをしっかりしておかないと、食べている時にジャリッとなるあの嫌な感覚になってしまいます。

白貝の砂抜きにかかる時間は、塩水をとりかえながら2日はみておいた方がいいでしょう。

砂抜きに使用する塩水の濃度は、アサリなどと同じです。

濃度3パーセントの塩水(500mlの水だと大さじ1の塩)を貝が浸かるくらいのひたひたにつけていると、ニョキッと貝が顔を出し砂を吐いて水が濁ってきます。

砂を吐く時、結構水を飛ばすので、新聞紙や布巾を上に乗せておくと、周りが塩水でビチョビチョになることを防げます。

砂抜きをする時は常温でし、冷やしすぎないように気を付けましょう。

貝同士が重ならないようにし、新聞紙を上から軽くかぶせ薄暗くしておいた方が砂を吐きやすくなります。

砂抜きをしている途中で死んでしまっている貝を発見したら、他の貝までダメになってしまう前にすぐに塩水から出して処分しましょう。

死んだ貝はダラーっとなっていて貝を閉じてみてもダラーっと開いたままです。

水を替え、砂を吐かなくなったら砂抜き完了ですが、これが2日もかかっちゃうんですよ。

そんな砂抜きに2日も待てない!という人は、お店で「砂抜き済み」のものを選ぶといいですよ。だいたいスーパーに売っているものは「砂抜き済み」のものが多いと思いますが、砂抜き済みのものでも、一応砂抜きをして砂を吐かないか確かめてみることをオススメします。

我が家では、砂抜き済みの白貝を買ってきて2~3時間砂抜きをしましたが、それでも砂がジャリジャリしていたことがありました。

白貝の酒蒸し作り方レシピ

白貝の代表的なレシピである、酒蒸しの簡単な作り方を紹介したいと思います。

白貝の酒蒸しレシピ

材料

  • 白貝
  • ねぎ

作り方

  • 白貝をしっかり砂抜きをします←これ重要
  • 砂が抜けたら殻の外側を綺麗にこすり洗いします
  • 鍋かフライパンに白貝を並べます
  • お酒とみじん切りしたネギを入れ、蓋をしたら中火にかけます
  • 白貝が開いて酒がクツクツ沸騰していれば出来上がりです

お好みで醤油やポン酢を少したらしても美味しいですよ。

作り方はあさりの酒蒸しと同じですね。

白貝を食べてみたい!という方は、通販でも販売されています。

まとめ

北海道や東北地方にはスーパーに並んでいることもあると思いますが、地域によっては珍しい貝だと思います。

アサリより大きいので、食べ応えがありますよ。

スーパーでは比較的お手頃な値段で売られていることが多いので、見つけたらぜひ買って食べてみて下さいね。

甘みがあって美味しいですよ。

タイトルとURLをコピーしました