潮干狩りマテ貝の下処理方法!砂抜きや塩抜きと内臓の取り方や保存方法

マテ貝の食べ方 貝類
スポンサーリンク

スーパーでは、あまり見かけないマテ貝ですが、最近は潮干狩りでマテ貝採りをしている人をよくみかけるようになりました。

潮干狩りでマテ貝が採れたけど、食べ方が解らないという人も多いですよね。

マテ貝の下ごしらえの方法や味、食べきれないときの保存方法などを紹介します。

マテ貝は、味が濃くとっても美味しい貝なんですよ。

潮干狩りでマテ貝が採れたら、下処理をして食べてみてくださいね。

PICK UP
▼その他の貝類の下処理のやり方▼
貝類の下処理のやり方!潮干狩りの貝を美味しく食べるためのコツ!

スポンサーリンク

マテ貝の砂抜き方法

マテ貝はあまり砂を噛んでいないので、砂抜きは必要ないといわれます。

しかし、実際に潮干狩りで採ったマテ貝を砂抜きをしないで食べてみると、いくつかジャリっとするんですよね。

一般的に、砂抜きが必要ないといわれているマテ貝も、砂抜きするほうが安心して食べられます。

また、砂抜きをすることで砂と一緒にヌメリもとれるので、潮干狩りで採ったマテ貝は砂抜きをした方がいいですよ。

マテ貝の砂抜きの手順

  1. マテ貝の殻を流水で洗います
  2. バットなどにマテ貝を並べ、海水か3%の食塩水をヒタヒタになるくらい入れます
  3. 新聞紙などをかぶせ暗くして1時間ほど放置します
  4. 貝が割れないように優しく貝殻の表面を洗う

3%の食塩水は、500mlの水に15g(大さじ1杯)の食塩を溶かします。

冷蔵庫の中で砂抜きをすると、温度が低すぎるので常温で砂抜きしてくださいね。

流水でマテ貝を洗うときは、貝殻が割れやすいので丁寧に洗いますが、時間をかけて洗うと貝が弱ってしまうので気をつけてください。

マテ貝の塩抜きの方法

砂抜きをしたマテ貝は、塩抜き(潮抜き)をします。

マテ貝の塩抜きは、塩抜きした後の貝をザルなどに上げて、30分~1時間おくだけです。

塩抜きすることで、マテ貝に含まれている海水が抜けて塩辛さが和らぎます。

砂抜き時短法 マテ貝の50度洗いの仕方

流水で洗ったマテ貝を、50度のお湯につけ15分つけておきます。

マテ貝を50度洗いをすることで、砂抜きと塩抜きが一度にできます。

お湯が50度以上になるとマテ貝が死んでしまいます。また、温度が低すぎてもあまり効果がありません。

長くお湯に入れておくとマテ貝が弱ってしまいますので、15分以上はつけないようにしてくださいね。

50度洗いは簡単に砂抜きができるといいますが、旨みも抜けてしまった感じがしました。

50度洗いをするなら、普通に塩水で砂抜きをするほうが私はオススメです。

マテ貝が死んでいるかの見分け方

マテ貝がデローンとして、死んでいるかも?というときは、マテ貝の身を触ってみるか塩をかけてみてくださいね。

それでも、動かない場合は弱っているか死んでいる状態です。

死んでしまった貝は、腐敗が早く食中毒の原因にもなりますので、食べないようにしてください。

腐敗が始まったマテ貝は、どぶ臭い強烈な臭いがします。

また、マテ貝を洗っているときに、先っぽが切れてしまうことがあります。

これは、トカゲのしっぽ切りと同じで、危険を感じたマテ貝が生き延びるためにする行動ですので、先っぽが切れてしまったマテ貝も、触って反応があれば活きていますので大丈夫です。

マテ貝の内臓の取り方

私は、いつも内臓を取らずに殻のまま調理をすることが多いですが、マテ貝独特の磯の臭いが気になる場合は、マテ貝の内臓を取り除きます

マテ貝の内臓を取り出す手順

  1. ナイフで貝殻を開き、蝶番部分を切ります
  2. 身を取り出し、ひもの部分を切り取ります
  3. 身に縦に切り込みを入れて内臓を出します
  4. 塩を入れて軽くもみ、流水で洗い流します
  5. キッチンペーパーで水分を拭き取ります

塩でもみ過ぎると、旨みも一緒に流れてしまうので、軽く塩もみをするようにしてください。

ちょっと面倒ですが、臭いが気になるという方は試してみてくださいね。

スポンサーリンク

マテ貝は刺身で食べられる?

マテ貝は刺身でも食べられるといわれていますが、実際に内臓を取って食べてみると独特の臭いがして、あまり美味しくないな~と思いました。

刺身で食べたいというときは、内臓を取ったあとにお酒と水を1:1で沸騰させ、軽く湯通ししてから食べた方が美味しく食べられると思います。

マテ貝の保存方法

潮干狩りで採れたマテ貝が大量で一度に食べきれない!というときは、冷凍保存をすることもできます。

砂抜きと塩抜きをしたマテ貝を、そのままジップロックに入れて冷凍することもできますが、冷凍したマテ貝は調理をしたときに、臭いが強く感じます。

できれば、砂抜きと塩抜きをした後に、内臓を取り出しお酒と水1:1で軽く湯がいてから水分を取り冷凍すると、美味しく食べられますよ。

冷凍保存できる期間の目安は、約1ヶ月です。

マテ貝の味

マテ貝の味はアサリに似ていますが、アサリよりも味が濃厚です。

酒蒸しやバター焼き、味噌汁など、アサリと同じように調理をすることができます。

また、見た目がグロテスクで苦手という方は、刻んで炊き込みご飯にすると味が濃くて美味しいですよ。

潮干狩りのマテ貝の食べ方 まとめ

マテ貝は、あまり砂をかんでいないので、砂抜きは必要ないといわれていますが、潮干狩りで採ったマテ貝は、たまに砂が入っていることがあるので、短時間でも砂抜きをした方が安心です。

見た目はグロテスクですが、味が濃くとっても美味しいです。

潮干狩りでマテ貝をとったら、ぜひ食べてみてくださいね。

貝好きには、たまらない美味しさです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました