赤ちゃんのお風呂の入れ方!冬に1人で入れるときのコツや便利グッズ

1人で赤ちゃんをお風呂に入れる方法 赤ちゃん
スポンサーリンク

赤ちゃんがベビーバスを卒業して、初めて大きな湯船に入れるときって緊張しますよね。

パパが一緒に手伝ってくれれば安心ですが、お仕事で帰りが遅いときはママが1人で入れるのは大変です。

さらに、寒い日なら赤ちゃんが風邪をひかないか心配はつきません。

私もいつも赤ちゃんを1人でお風呂にいれなければいけなかったので、本当に苦労しました。

私と同じように1人で赤ちゃんをお風呂に入れるときのコツや、実際に使ってみてこれは便利!とおすすめできるグッズを紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお風呂 冬場の入れ方

1ヶ月健診で先生からOKが出るとママも赤ちゃんも一緒に湯船に浸かることができます。

私も、赤ちゃんをベビーバスから大きい湯船でのお風呂に入れたときに、すごく緊張したのを覚えています。

初めて赤ちゃんを大きい湯船で入浴させるポイントお伝えします。

冬場の赤ちゃんのお風呂温度は、38℃~40℃が最適です。

赤ちゃんを湯船に入れる前に、ママの手で温度確認を忘れずに!

まず、湯船に浸かるまえに赤ちゃんの身体を洗い流しましょう。そして、赤ちゃんのおなかの上にガーゼを乗せてゆっくりおしりから湯船に入れてあげましょう。

赤ちゃんは身体が小さいので湯船につかる時間は2~3分程度で十分です。体を洗う時間を含めても10~15分くらいで、赤ちゃんがのぼせないうちに上がりましょう。

ただし、お湯がぬるすぎると身体が温まらず風邪を引くので赤ちゃんを見ながら微調整をしてみてくださいね。

冬の赤ちゃんのお風呂1人で入れるときのコツ

まず、前準備が大切です。

脱衣所に肌着と着替えを着せやすいよう広げて大判のバスタオルとガーゼ(お顔周りを拭くため)を準備しましょう。保湿ローションや綿棒なんかもセットしておくと便利ですよ。

脱衣所ではクッションマットや座布団など赤ちゃんを寝せても良いようにセットします。

赤ちゃんが寒くないように暖かくしてあげてくださいね。

赤ちゃんに待ってもらい、ママは先に髪や身体を洗いましょう。赤ちゃんが待っている間は、「ママここだよ~」とか「おりこうだね~」とかたくさん声掛けをしてママが近くにいることを教えてあげてくださいね。

ママが終わったら赤ちゃんの洋服を脱がして、首をきちんと支えて膝の上に安定するように抱えましょう。

湯船に浸かる前に赤ちゃんの身体を洗い流しお風呂に浸かります。お風呂の中では話しかけたり、手足を触ってスキンシップをたくさん取りましょう。毎日こうしたスキンシップを取ることで身体の変化にも気づきやすくなります。

お風呂から上がるときは、事前に準備していたバスタオルで包み込むようによく拭いて、身体が冷める前に洋服を着せてあげてください。赤ちゃんが服を着たらママも冷める前に着替えてください。

乾燥しやすいところは保湿クリームなどで、赤ちゃんを保湿してあげてくださいね。

赤ちゃんのお風呂 1人で入れるときの便利グッズ

最近の赤ちゃん用品店には、ほんとすごいグッズがたくさん並んでいてどれも欲しくなってしまいますが、すべてを買うのは現実的に無理なので、その中でも私が使ってみて一番おすすめの便利グッズをご紹介します。

アップリカのバスチェアです。

アマゾンで探す方はこちら⇒【Amazon】アップリカはじめてのお風呂から使えるバスチェア
バスチェアー対象年齢:新生児~24か月

  • チェア時サイズ:W34.5 × D41~53.8 × H22.5~32 (cm)
  • ベッド時サイズ:W34.5 × D55.9 × H22.5 (cm)
  • 収納時サイズ:W34.5 × D41 × H22.5 (cm)

脱衣所でもお風呂でも使えるし、赤ちゃんを寝かせるところが柔らかいクッション素材のため安心して寝かせた状態でママも洗うことができます。

リクライニング可能なので1ヶ月頃の赤ちゃんから、自分でお座りできるようになった赤ちゃんまで長期間で使用できます。

これなら、ママが体を洗っている間も一緒に浴室にいられるので、あかちゃんも安心ですよね。

冬場に赤ちゃんを1人でお風呂の入れる

寒い冬場のお風呂に赤ちゃんを、ママ1人でお風呂に入れるのは大変です。

いろいろ工夫したり便利グッズを使うことで、楽しいお風呂タイムになるといいですね。

赤ちゃんもママもリラックスして、ぽかぽかお風呂に浸かって、今しかない時間を満喫してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました