パン粉の保存方法は常温でも大丈夫?冷蔵庫や冷凍庫での保存期間は?

生パン粉や乾燥パン粉の保存方法 その他の食品
スポンサーリンク

コロッケなどの揚げ物やハンバーグに使うパン粉って、余らせてしまうことが多いですよね。残ったパン粉って、どうやって保存していますか?

パン粉って存在を忘れた頃に、あれ?これいつのだっけと見つける方もいるのではないでしょうか。

毎日献立を考えていてもパン粉を使う料理ってそう多くはないですよね。だからこそ忘れてしまうのかもしれませんね。

今回はパン粉の保存方法について、常温・冷蔵庫・冷凍庫別にまとめました。

残ったパン粉を保存するときは、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

パン粉の保存法

まずパン粉といっても、生パン粉と乾燥パン粉の二種類に分けられます。

文字通り「生パン粉」はパンをそのまま崩したようなもので、水分量が多いのが特徴です。カビ生えやすいのは欠点ですが、生パン粉は風味豊かによりふわっと料理を仕上げてくれます。

反対に「乾燥パン粉」はパンを乾燥させているもので、風味や食感などは生パン粉に劣りますが、保存もきき揚げあがりを早くしてくれます。

生パン粉と乾燥パン粉の特徴を見れば一目瞭然ですが、開封前の生パン粉は約2週間~1か月・乾燥パン粉は約半年保存といった形で、保存期限にも違いがあります。どちらも開封前であれば直射日光の当たらない、涼しい場所で保存することができます。

しかし、開封してしまったパン粉は常温で保存していいの?という疑問が出てきますよね。

もちろんそのまま常温で保存しているという方も多いかと思いますが、一度開封してしまうとより一層カビが生えやすくなってしまいます。

開封してしまったパン粉は、冷蔵庫や冷凍庫で保存することをおすすめします。

パン粉の保存期間 冷蔵庫でどのくらい

開封してしまった「乾燥パン粉」は、冷蔵庫の中で保存するのがおすすめです。

パン粉をジップロックやタッパーに入れて冷蔵庫に入れておくと、開封後であっても約半年間保存ができます。

今まで常温で保存していたという方はぜひ冷蔵庫で保存してみてください。今までよりも長く保存することができますよ。

ちなみに私の家では、飲み終わったペットボトルをよく洗い乾かして、そこにパン粉入れて保存しています。

使うときにこぼすこともなくなりましたし、何よりもペットボトルのキャップが計量カップになるところがいいんです。ペットボトルのキャップ2杯で大さじ約1杯分なので、ちょっとしか使わないときには重宝しています。

スポンサーリンク

パン粉を冷凍したら賞味期限は?

乾燥パン粉は冷蔵庫で保存することがおすすめですが、生パン粉は冷蔵庫ではなく冷凍庫で保存したほうがいいんですよ。

生パン粉を冷凍庫に入れた場合は約1か月保存することができます。やはり生パン粉は鮮度が命なので、そのままをキープできるように冷凍庫で保存します。

ジップロックなどに少しずつ小分けにして入れておくと、次使う時にその分だけ取れるので便利です。もちろん自然解凍して使ってもいいですし、炒め物などに入れる場合は凍ったままいれても大丈夫ですので手間がかからず楽チンです。

ちなみに乾燥パン粉に関しても、しばらく使う予定がないという場合は冷凍保存しておいても大丈夫です。

パン粉を長く保存する方法

お料理に使っても余らせてしまうパン粉は、保存の仕方に困りますよね。

スーパーでは常温で販売されていますが、一度開封してしまったパン粉は冷蔵庫や冷凍庫で保存することがおすすめです。

今まで、常温で保存していたという方も、冷蔵庫や冷凍庫でのパン粉の保存を試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました