赤ちゃんの夏の冷房は何度?夜寝る時はつけっぱなしでも大丈夫?

新生児のいる部屋の冷房の温度設定 赤ちゃん
スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれると、自分の生活もガラッと変わってしまいます。とくに部屋の温度や湿度は、赤ちゃんが不快に感じて泣いてしまうかもしれないので気をつけていきたいところ。

でも、真夏の暑い時期にはどうしても暑くて冷房に頼ってしまいますよね。

私たちが涼しくても、赤ちゃんはどう感じるんだろう?と心配になる人もいるのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんのための冷房設定温度や服装、夜はどうすればいいのかなど紹介しますね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏の冷房は何度?

赤ちゃんは体温調節をする自律神経がまだまだ成長していないので、自分自身で体温を上げたり下げたりの体温調節ができません。

体温調節に関して例えるならば、暑いと汗をかいて体温を下げる・寒いとブルブルと微振動で震えて体温を上げるなどが挙げられます。

ちなみに私たちが少し暑いなと感じる夏日は、最高気温が25℃以上の日を言います。実は、この夏日に該当する25℃~28℃が赤ちゃんにとっては適温になります。

近年では温暖化がすすみ早い時期から暑さを感じるようになってしまいましたが、赤ちゃんがいるご家庭では基本的には5月下旬~6月頃に冷房の準備をすることがおすすめです。

もちろん設定温度も25℃~28℃にするのがおすすめです。

ただ赤ちゃんのいる部屋で冷房を使うときには注意点もあります。

まず1つ目は冷房の風を直接赤ちゃんに当てないことです。

大人でもそうですが、冷房の風を直接受けると肌寒く感じます。それは赤ちゃんも同じで、冷たい風が直接あたると、体温調節ができないこともあり、どんどんと体温が下がってしまいます。結果的に低体温症になってしまうこともあるので注意してあげてくださいね。

赤ちゃんの指先やお腹などに触り冷えていたら寒いと感じている証拠です。ブランケットにくるんであげたりして対処してください。

もう1つの注意点は外気の温度についてです。

夏は35℃を超える猛暑日がしばしばあり、室内の温度と差ができてしまいます。そんなときに赤ちゃんをお出かけに連れて行くと、室内と室外との気温差で体に負担がかかり体調を崩してしまう可能性もあります。

朝や夕方以降の外出や、ひんやりとする洋服を着せて外出するなどをおすすめします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏の冷房時の服装

大人は冷房の効いた部屋でも半袖を着て過ごしていますが、赤ちゃんには冷房の冷たい空気が常に触れてしまうような服装は避けたほうが安心です。

大人が少し暑いなと思うくらいの室温が赤ちゃんの適温であるので、冷房の効いた部屋では赤ちゃんに長袖を着せてあげていいかと思います。

ただ少なからず赤ちゃんも汗をかきます。赤ちゃんの汗を拭いてあげたりするのにも着脱がしやすい服を着せてあげるのがおすすめです。前にボタンがついているロンパースやベビーカーディガンなど選んであげるといいですね。

赤ちゃんの夜寝る時の冷房はつけっぱなしでも大丈夫?

夏に熱帯夜が続けば夜も冷房に頼ることも多くなります。赤ちゃんと一緒の部屋で寝るときはやっぱり冷房が気になるところです。

結論から言うと、冷房はつけっぱなしでも大丈夫ということです。寝るときは赤ちゃんも体温が上がりやすくなっていることもありますので、長袖とタオルケットを用意してあげれば、冷房をつけっぱなしにしてもいいかと思います。

ただ明け方に冷える日もありますので、外気の温度によって設定温度を変えてくれる冷房機器があるとなおいいでしょう。

もしくは熱帯夜でなければ深夜~明け方にかけてはタイマーで切れるようにしておくなど工夫はできます。

ここで1つ注意点ですが、夏でも冷房をつけっぱなしにしていると乾燥が気になることがあります。赤ちゃんにとって乾燥は大敵なので湿度も気にするようにしましょう。

赤ちゃんが夜泣き出してしまったら、まずは室内の温度や湿度を確認するといいかと思います。

赤ちゃんのいる部屋の冷房

初めて赤ちゃんと過ごす夏を不安に感じている人も多いかと思いますが、赤ちゃんの状態などが確認できていれば心配することもありません。

上手く冷房を使って、家族みんなで快適に夏を過ごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました