離乳食のバナナは加熱が必要?赤ちゃんは生のままでいつから食べられる?

離乳食のバナナペースト 離乳食
スポンサーリンク

バナナは甘くて柔らかいので、赤ちゃんの離乳食にも食べさせてあげたいですよね。

初めて赤ちゃんにバナナを食べさせるときは、加熱した方がいいのか心配になります。

生のバナナはいつ頃から食べさせてもいいのか?初めてバナナを食べさせるときの注意点などをまとめました。

バナナは離乳食でも早い段階から食べることができます。

私の子供たちも赤ちゃんからバナナが大好きでよく食べていました。

栄養価が高いバナナは、赤ちゃんにも食べさせてあげたい食材ですよね。

スポンサーリンク

離乳食のバナナは加熱が必要?

離乳食のバナナは加熱をした方が無難です。

特に、バナナは離乳初期(5〜6ヶ月)から食べることができますが、この離乳初期では加熱は必須です。

なぜ 生で食べない方が良いのかというと、みえない雑菌などが万が一食べ物の中にいた場合、乳児にはかなりの負担になり重症化してしまっては可哀想ですよね。

また バナナはアレルギーを発祥しやすい果物です。

バナナを加熱することによりアレルギーを発祥しやすくなる酵素の動きを抑えるので、離乳食でバナナを食べさせるときは加熱はオススメです。

まさかバナナでアレルギー?と思いますが、私の知り合いの子供もバナナアレルギーを持った子が居ました。

私の2番目の子供は小麦も卵もアレルギーでしたが、2人目ということもありちょっと大雑把に離乳を進めたところ、小麦粉で全身真っ赤に腫れ上がり、怖い思いをしました。

バナナを赤ちゃんに食べさせるときは、アレルギーを引き起こさないためにも、加熱することをおすすめします。

加熱することによって、バナナは柔らかくなり甘みも増し、消化吸収がスムーズになるので一石二鳥です。

離乳食のバナナの加熱方法

離乳食のバナナを加熱する簡単な方法は、

  • バナナを少量のお湯でゆがく
  • バナナを蒸気で蒸す
  • オーブントースターに入れて5分加熱する
  • レンジで10秒加熱する

加熱する方法もいろいろありますので、やりやすい方法で試してみてくださいね。

 

赤ちゃんにいつまでバナナを加熱して与えるかは、離乳中期(7〜8ヶ月)後半くらいまでを目安にすると良いでしょう。

赤ちゃんはバナナを生のままでいつから食べれる?

では、赤ちゃんは生のバナナはいつから食べられるかというと、各家庭により違うと思います。

我が子では、離乳初期を過ぎたら頃から普通に皮のままカットし、スプーンで実をすくって与えていました。

心配な場合には、離乳中期(7〜8ヶ月)の後半か、離乳後期(9〜11ヶ月)になれば生のバナナを食べさせても大丈夫です。

離乳食すすみ具合は個人差がありますので、赤ちゃんの調子を見ながら進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

バナナの黒い部分を赤ちゃんが食べても大丈夫?

黒いバナナといっても、程度によるかと思いますが、バナナの黒くなっている部分はアレルギーを引き起こす酵素が多く含まれているので、あまり黒くなっているバナナは赤ちゃんの離乳食にはむきません。

バナナは付け根が完全に黄色になり、全体もしっかりとした黄色になっている時期が、甘く食べやすい状態なので、離乳食にはおすすめです。

しばらくすると、シュガースポットと呼ばれる黒い斑点がバナナの皮に出てきますが、シュガースポットが増えれば増えるほど 甘さが増していき、柔らかくなっていきます。

ある程度バナナの皮が黒くても、衛生や栄養面には問題ありません。皮に黒い斑点がポツポツ出ている状態のものは赤ちゃんが食べても大丈夫です。

ただ、皮全体が真っ黒になると、アレルギーを引き起こしやすくする酵素が格段に増えていきますので、赤ちゃんには向きません。

皮が黒くなっているバナナは、大人にはビタミンも増えてよい影響を与えますが、赤ちゃんには皮が黄色い一番良い状態のバナナを食べさせたいですね。

バナナは、常温では皮がすぐに黒くなってしまいます。

赤ちゃんの離乳食でバナナが残ってしまったときは、バナナの冷凍がおすすめです。

バナナを冷凍するときは、新鮮なバナナをペースト状や粗切りしてジップロックに入れて冷凍します。

食べるときは、自然解凍で大丈夫です。

また余談ですが、バナナの付け根の部分は農薬が多いといわれています。

赤ちゃんに与える場合は、皮をむいて最初の部分は親が食べ、安心な真ん中を食べさせてあげるとよいですね。

赤ちゃんにバナナの与え方 まとめ

離乳食初期で、バナナを食べさせるときは、アレルギーの心配もありますので、バナナを加熱することがおすすめです。

加熱することで、バナナも柔らかくなり甘みも増します。

生のバナナを食べさせるのが心配な場合は、離乳食中期の後半から離乳食後期頃を目安に食べさせます。

バナナの皮が多少黒くなっているものは、甘みが増し赤ちゃんが食べても大丈夫ですが、皮が真っ黒になっていると、アレルギーを起こしやすい酵素が増えているので、あまり皮が黒すぎるものは赤ちゃんには向きません。

バナナは栄養価も高く甘みがあるので、赤ちゃんから好まれる果物です。

アレルギーに注意しながら、食べさせてあげてくださいね。

おすすめの記事
プルーンジュースは赤ちゃんの便秘に効く?作り方や飲ませ方
赤ちゃんの便秘にもプルーンジュースがいいと言われています。赤ちゃんにプルーンジュースを与えるときの注意点や飲む量と飲ませるタイミングについて説明します。また、ドライプルーンを使ったベビー用のプルーンジュースの作り方も紹介しますね。
タイトルとURLをコピーしました