プルーンジュースは赤ちゃんの便秘に効く?作り方や飲ませ方と離乳食におすすめの市販品

ベビー用プルーンジュースの作り方離乳食

意外と多いのが赤ちゃんの便秘。真っ赤な顔をして苦しんでいる姿は可哀想で見ているのが辛いですよね。

お腹をマッサージしたり、綿棒浣腸をしたりと色々試しているママも多いのではないでしょうか?

便秘解消に良いとされているプルーンは赤ちゃんにも効果があると言われています。

しかし、大人でもプルーンを食べすぎたらお腹が緩くなってしまうこともあり、赤ちゃんにどのくらいの量をどのように与えていいのか不安になってしまうかと思います。

赤ちゃんへのプルーンジュースの与え方、飲ませる量や飲むタイミング、ドライプルーンを使って赤ちゃん用ジュースの作り方や、ベビー用のプルーンスムージーについてお話ししていきたいと思います。

また、プルーンを食べさせても赤ちゃんに効果がなかったという場合は、オリゴ糖を食べさせると便秘が治ったということもあります。

赤ちゃんが飲めるオリゴ糖についても紹介しますね。

有機栽培のプルーンを使ったベビービオのスムージーは、生後6ヶ月からそのまま食べさせることができます。

手作りプルーンジュースを作るのが大変という方は離乳食に活用してもいいですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの離乳食 ドライプルーンはいつから食べられる?

ドライプルーンをそのまま食べられるのは生後11ヶ月頃からですが、食べさせるときは小さく刻んで食べさせるようにします。

それ以前の赤ちゃんの便秘にプルーンを食べさせたいときは、ドライフルーツでプルーンジュースを作るのもおすすめです。

市販のプルーンジュースを薄めてジュースにすると手軽にできますが、市販のプルーンジュースの中には糖分が多いものもありますので注意しましょう。

市販のドライプルーンで赤ちゃんのプルーンジュースの作り方

プルーンの粒から作るプルーンジュースの作り方を紹介します。

  1. プルーンそのままを潰すのは少し硬いので、細かくカットして水を少し加えてレンジで加熱します。
  2. すり鉢に柔らかくなったプルーンを移し潰していきます。
  3. 潰れてきたら、更にこし器でペースト状になるようにこしていきます。
  4. ペースト状になったプルーンをお湯で溶かすとプルーンジュースの出来上がりです。

ドライプルーンをすり潰したり、こしたりするのは少々面倒かもしれませんが、赤ちゃんに安全な無添加のプルーンを使って手作りすればママも安心して飲ませることができますね。

こちらのドライプルーンは砂糖も添加物も入っていません。

酸味も少ないので赤ちゃん用のジュースを作るのにおすすめです。

スポンサーリンク

赤ちゃん用のプルーンジュースは市販品で売ってる?

海外では赤ちゃん用のプルーンジュースもあるようですが、日本ではあまり見かけませんよね。

以前は、明治ベビーフード赤ちゃん村から粉末のプルーン果汁が販売されていましたが、現在では生産終了になっているようです。

市販で売っている赤ちゃん用のプルーンジュースは売っていませんでしたが、ベビービオからスムージタイプの赤ちゃん用プルーンが販売されています。

スムージータイプのプルーンも使いやすくておすすめです。

ベビービオのスムージーは生後6ヶ月頃からそのまま食べることができます。

スポンサーリンク

プルーンジュースを赤ちゃんに飲ませ方や量

プルーンジュースは飲ませすぎてしまうと、赤ちゃんがお腹を壊して下痢をしてしまう可能性がありますので、飲ませる量に注意しましょう。

また、アレルギーなどの心配もありますので、最初はスプーン1杯から始めて下さい。

飲ませる量は月齢によって多少異なりますが、最初はスプーン1杯から飲ませてみて、大丈夫なら少しずつ増やしていきます。

味に慣れてきたら1日に20~30㎖を目安に飲ませて下さいね

 

昔は離乳食が始まる前の時期に果汁を飲ませていましたが、今は果汁は与えていないという場合がほとんどですよね。

果汁は甘くて美味しいので、果汁ばかりを欲しがって野菜などの離乳食を食べたがらないということにならないためにも、離乳食を食べた後に与えるのがベストです。

プルーンには便を柔らかくする働きがありますので、便秘解消の効果としても食後に飲ませるといいでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんにプルーンジュースを飲ませると便秘が治る?

大人でも便秘解消にプルーンが良いと言われているように、赤ちゃんの便秘にもプルーンは効果があるようです。

プルーンは栄養価の高いドライフルーツなので、赤ちゃんでもジュースにするなどして与えることができます。

プルーンジュースで赤ちゃんの便秘が解消したという話もよく聞きますが、中にはプルーンジュースを飲ませているけど効果があるのかわからない!ということもあります。

効果がみられなくても、飲ませすぎてしまうとお腹を壊して下痢をしてしまう可能性もありますので、必ず1日に飲ませる量を守って、こまめに白湯などの水分を与えてあげるようにしましょう。

手作りのプルーンジュースは作るのが大変!という方は、そのまま赤ちゃんに食べさせることができるベビービオのベビー用プルーンスムージーがおすすめです。

プルーンは赤ちゃんの便秘に効果がない?

プルーンはお薬ではなく食品ですので、中にはプルーン果汁を飲ませても便秘が治らないという赤ちゃんもいますよね。

赤ちゃんに便秘薬を飲ませるのは抵抗があるという方は、オリゴ糖を試してみるのもおすすめです。

はぐくみオリゴは赤ちゃんから食べられるオリゴ糖です。

 

楽天で「はぐくみオリゴ」購入した人の口コミを見てみると

  • ヨーグルトに混ぜて飲ませていますが、嫌がらずに食べています。
  • 腸内環境が良くないのか便がしっかり出ませんでした。こちらを食べさせてから調子がよくなってきました。
  • 飲み始めてから少しづつ良くなっていると思います。
  • 飲み物に混ぜて飲ませていますが、お通じの回数が増えて柔らかくなりました。
  • ヨーグルトに混ぜて食べさせたら毎日出るようになりました。

はぐくみオリゴを食べ始めてから、便の調子が良いという意見が多くありました。

Check! ⇒ 【楽天市場】はぐくみオリゴ 口コミ

はぐくみオリゴの他の方のレビューもチェックしてみてくださいね。

 

離乳食が始まると便秘になる赤ちゃんが多いですよね。

でも、赤ちゃんに便秘薬を使うのって抵抗があります。

プルーンジュースやオリゴ糖で、腸内環境を整えてあげると便秘が改善される赤ちゃんもいます。

病院に行くほどではないけど、ちょっと便秘気味かな?と思ったら試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました