赤ちゃんの日焼け止めは何ヶ月から必要?皮膚科で処方してもらえる?

子供の紫外線対策 赤ちゃん
スポンサーリンク

赤ちゃんも生後1ヵ月を過ぎると、外に連れてお散歩などをする機会が増えてきますが、気になるのが紫外線です。

最近では大人でも気にかけるのが当たり前になってきているので、まだ肌が弱い赤ちゃんには紫外線の刺激はとても強そうに感じますよね。

寒い季節ならまだしも、紫外線が強い季節となればなおさら気になります。

肌の弱い赤ちゃんにいつ頃からどんな日焼け止めを使うか悩んでしまいますよね。

出来れば、皮膚科で処方される赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを使いたいと考えます。

赤ちゃんの日焼け止めについて紹介します。肌の弱い赤ちゃんの紫外線対策にお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めの必要性

赤ちゃんに日焼け止めが必要なのか?と疑問に思う方も多いと思いますが、季節や時間帯によっては日焼け止めが必要です。

昔の世代の方が見ると、肌の弱い赤ちゃんにそんなもの塗るのは良くないなどと言われることもありますよね。実際に私も母から言われたことがあります。

地球温暖化の影響で昔よりも紫外線が強くなってきている通り、時代とともに育児に関する常識もどんどんと変わってきています。

大人と比べて皮膚が薄い赤ちゃんは、もちろん紫外線の影響を多く受けますから、紫外線が強い季節にお散歩をしたり、長時間外出するときは、日焼け止めを使用した方が良いです。

しかし、赤ちゃんによってはアレルギー体質であったり、お肌がとても弱い子もいます。

月齢がまだ小さい赤ちゃんは、特にお散歩の時間を午前中や夕方にずらしたり、日傘や日よけ対策ができるベビーカーを使用したりするなど、日焼け止め以外でできる紫外線対策を行うことも大切です。

よほど長時間の外出でなければ、そこまで神経質になることもありませんから、時間や季節、大人が見て紫外線がちょっと強そうだなと感じるような日は特に、日焼け止めを併用してあげてくださしいね。

赤ちゃんの日焼け止めは何カ月から?

ところで、何カ月頃から日焼け止めが使用できるのでしょうか?

これもお医者さんに聞くと3カ月過ぎてからいいよという場合や、半年以降と言われることもあるようで、赤ちゃんの肌の状態にもよりますから、一概に何カ月以降は大丈夫という線引きは難しいです。

私は子供が3カ月くらいから日焼け止めを使いましたが、赤ちゃんの産まれた季節によっても違いはあると思います。

アレルギーやアトピーを持っている赤ちゃんの場合は特に難しいですから、どうしても心配な場合は病院で聞いてみると安心ですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めは皮膚科で処方してもらえる?

赤ちゃんの肌が弱い場合、市販の日焼け止めを使用するのが不安だと感じる方も多いと思います。

皮膚科で処方されたものであれば安心だからと、病院に行っても小児用の日焼け止めを処方してもらうことはできないので気を付けてくださいね。

「紫外線予防の効果がある保湿クリーム」なら処方してもらえる病院もありますが、基本的に日焼け止めの処方は皮膚科では行っていないようです。

最近では市販の日焼け止めでも、オーガニックなどの肌に優しいタイプのものや、赤ちゃんでも使えるなどと書いてある日焼け止めはたくさんありますよね。

薬局などにも、ベビー用の日焼け止めとして新生児からでも使えるようなものがありますから、初めはそのような優しいタイプの日焼け止めから少量使って、赤ちゃんのお肌の様子を見て使用することをおすすめします。

もちろん、大人用の日焼け止めは赤ちゃんの肌にはとても刺激が強いので、控えるようにしてくださいね。

日焼け止めを使用後はお風呂でしっかりと洗い流してください。お肌に日焼け止めの成分が残ってしまうと肌荒れの原因となってしまいますから、注意が必要です。

赤ちゃんの紫外線対策

赤ちゃんの肌ってツルツルすべすべで、いつまでもこのまま綺麗に保ってあげたいですよね。

紫外線は敏感な赤ちゃんの肌には大敵です。少しでも紫外線による肌への負担を減らすためにも、様子を見ながら上手に日焼け止めを使ってあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました