レタスの切り口が赤いものは食べられる?赤くなるのを防ぐ方法

切ったレタスの保存方法 葉野菜
スポンサーリンク

切ったレタスの切り口が赤くなってしまうことってありますよね。

サラダやサンドイッチに入れたレタスが赤くなってしまうとガッカリしてしまいます。

切り口が赤くなってしまったレタスは、食べても大丈夫なのか、レタスが赤くなる原因や、切ったレタスが赤くならない方法、切ったレタスの保存方法や保存の仕方による賞味期限などについて紹介します。

レタスが赤くなるのが気になるという方は、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

レタスの切り口が赤いものは食べられる?

レタスの切り口が赤くなっていても食べられます。

切り口が赤くなるのは、レタスの劣化でついた色ではないので、食べても体に害はありません。

レタスの切り口が赤くなる原因は、レタスに含まれているポリフェノールです。

レタスのポリフェノールの色素が、空気中の酸素にふれて酸化して赤く変色します。

レタスは空気に触れたところから赤くなるので、切ったレタスの切り口や、玉のままのレタスの外側から赤く変色しています。

 

ナスやリンゴも切り口が黒っぽくなりますが、レタスの切り口が赤くなるのと同じ原理です。

レタスが赤くなるのは、切り口から外的の侵入を防ぐための自然な反応なので、細胞が生きている、つまり新鮮な証拠なんですよ。

赤くなることによってカビも防いでいるんです。

 

でも、やはり切ったレタスが赤くなっていると、食べるのに躊躇してしまいますよね。

そんな時には、切ったレタスが赤くなるのを防ぐ方法があります。

レタスが赤くなるのを防ぐ方法

レタスの切り口が赤くなるのを防ぐ方法はいくつかありますので、やりやすい方法を試してみてくださいね。

レタスの繊維に沿って切る

レタスを切るときに、繊維に逆らって切ると細胞が壊れて切り口が赤くなりやすくなります。

繊維に沿ってレタスを切ることで、切り口に赤みが出にくくなります。

切ったレタスを酢水や食塩水で洗う方法

ボウルに水をはり少量の酢か食塩を入れ、切ったレタスを洗います。

水をきり、すぐにラップをして空気に触れないようにします。

スーパーのカット野菜もこの方法で、切り口が赤くなるのを防いでいます。

レタスナイフを使う方法

鉄製の包丁でレタスを切ると酸化を早めてしまいます。

セラミックやアクリルで作られたレタスナイフで切れば、切り口が赤くなるのを防げます。

切ったレタスを50度のお湯につける

レタスを50度洗いすると、熱で赤くなるのを防げます。

さらに、レタスの細胞が活性化してシャキシャキした食感になります。

レタスを50度洗いする方法は、湯沸かし器の温度設定を50度にしてお湯を流しながらレタスを30秒ほどお湯につけます。

43度以下になると菌を増やすので、お湯につける間はお湯を流しておいて、温度が下がらないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

切ったレタスの保存方法

切ったレタスの保存の仕方と保存できる期間も紹介しますね。

レタスを水につけておく

レタスが完全に浸かるくらいの水を入れて冷蔵庫で保存します。

1日1回水を交換すると4日ほど保存ができます。

レタスをビニール袋に入れて保存する方法

切ったレタスを洗って、水気をしっかりきります。

キッチンペーパーに包んでビニール袋に入れると冷蔵庫で1日~2日程度日持ちがします。

レタスを冷凍保存する方法

レタスを切ったら水切りをして、フリーザーバッグに入れて冷凍します。

くっついてしまうので、少量ずつ小分けしておくと使うときに便利です。

冷凍庫での賞味期限は2週間です。

ただし、冷凍したレタスはそのまま食べるのには不向きなので、スープや炒め物に使うようにしてくださいね。

 

レタスを切って保存するときは、包丁で切らずに手でちぎるのがポイントです。

包丁で切るよりも手でちぎるほうが、レタスが金属や鉄に触れないので酸化しにくくなります。

千切りにしたい場合は、金属の包丁ではなくセラミック包丁を使うといいですよ。

 

また、レタスは早く食べた方が赤みを気にせず食べることができますよね。

レタスが赤くなるのが心配な場合は、ちぎったレタスは1日~2日、半玉にしたレタスは1週間、丸のままのレタスは1~2週間を目安に食べきるほうがよいですね。

切ったレタスが赤くなるのを防ぐ方法 まとめ

切ったレタスの切り口が赤くなるのは、ポリフェノールが空気に触れたこが原因で、赤くなっていても食べることはできます。

レタスの切り口が赤くなるのを防ぐには、レタスの繊維に沿って切ったり、酢水や食塩水で洗う方法や、50度洗いをすることである程度レタスの切り口の変色を防ぐことができます。

また、レタスは金属に触れると酸化しやすく変色の原因になりますので、セラミック製の包丁を使ったり、手でちぎることでも、切り口が赤くなるのを防げます。

レタスの切り口が赤くなるのが気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事
トマトのヘタに白いカビが出ても食べれる?腐っているかの見分け方
トマトのヘタの部分に白いカビが生えているときがありますよね。トマトに白カビや黒カビは食べても大丈夫なのか?トマトが腐っているかの判断方法や野菜室に保存するときにトマトを長持ちさせる方法について紹介します。トマトは水分が多いので実はとてもカビが生えやすい野菜なんですよ。
タイトルとURLをコピーしました