生クリームとホイップやフレッシュの違い!ホイップクリームで代用できる?

生クリームはホイップクリームで代用可能 ケーキ・お菓子
スポンサーリンク

ケーキのデコレーションやお料理に使う生クリームを買いにいくと、店頭にはいろいろな種類が並んでいます。

生クリームと言っても「ホイップ」や「フレッシュ」という表示のものもあり、値段もさまざまでどれを使うか迷ってしまいますよね。

生クリームとホイップやフレッシュの違いや、それぞれどんな用途に向いているかを詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク

生クリームとホイップクリームやフレッシュクリームの違いは?

どれも見た目や名前はにていますが、実は中身がまったく違うんですよ。

一番大きな違いは、「原料」にあります。

「生クリーム」と呼ばれるものは「乳脂肪のみ」を使用していて、乳脂肪分18%以上のものしか含まれません。

商品パッケージの裏面にある原材料の欄には、種類別「クリーム」と表記されており、商品名にも「純生クリーム」などと表記されている場合もあります。

ホイップクリームやフレッシュクリームと違い、値段も少し高めです。

「ホイップクリーム」や「フレッシュクリーム」と呼ばれるものは、無添加のクリームに加えて添加物や乳化剤、植物性脂肪も入っており、商品パッケージ裏面には「乳等を主要原料とする食品」と表記されています。

生クリームとホイップクリームの使い分け 分離しにくいのは?

生クリームやホイップクリームとフレッシュクリームの、分かりやすい違いはまず価格です。

一般的に生クリームは350円、ホイップクリームは150円ほどで売られていますので、作るお料理によって、上手に使い分けていきたいところです。

まず味ですが、これは格段に生クリームの方が濃厚で香りが深く、重たい感じがします。

料理の味をしっかりと出したい時は生クリームの方が良いでしょう。

反対に、ホイップクリームは風味が軽く、味はそんなに濃くありません。

あっさり軽く仕上げたい場合は、ホイップクリームの方がオススメです。

また、ホイップには添加物が入っていて、泡立てをしたときに分離しにくいので、料理初心者の方にも使いやすいですね。

見た目は、少し黄色みがかっている方が「生クリーム」です。

保存料などによって真っ白な色をしている方が「ホイップクリーム」なので、仕上がりをどうしたいかによって使い分けると良いですね。

また、賞味期限にも違いがあります。

乳脂肪のみで作られている生クリームは賞味期限が短く、10日前後しかありません。

ホイップクリームは、保存料が含まれているので1ヵ月前後と長くなっています。

料理やお菓子作りでよく余ることがあると思いますが、生クリームは賞味期限が短いので注意が必要ですね。

スポンサーリンク

ケーキの生クリームはホイップクリームで代用できる?

生クリームとホイップクリームには、それぞれ違いはありますが、特に味にこだわらない限りは生クリームをホイップに代用はできるでしょう。

ただし、やはり味にこだわりたい、保存料が気になるという方は生クリームのほうが良いようですね。

私は、生チョコを作った時にホイップクリームのほうが安いしと思って、ホイップで作ったことがあるのですが、生チョコは結構違いが分かりました。

ケーキのデコレーション用のホイップクリームには、生クリームよりもホイップの方が軽く仕上がって子どもたちも食べやすかったようです。

生クリームとホイップクリームの違いと使い分け

一口に「生クリーム」といっても、種類や値段がさまざまです。

生クリーム

  • 濃厚で風味も深く、しっかりとした味に仕上がる
  • 保存料や添加物が入っていない天然の原材料で安心。
  • 価格は高め
  • 賞味期限が短い

ホイップクリーム・フレッシュクリーム

  • 風味が軽く、あっさり仕上がる。
  • 価格は安く、料理初心者でも使いやすい。
  • 賞味期限が長く、日持ちする。
  • 保存料や添加物が含まれている。

生クリームやホイップクリーム、それぞれの特徴や、メリット・デメリットがあるので、用途によって使い分けるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました