油性マジックの落とし方!服や顔や床についた油性ペンを身近な物で消し方

油性マジックの消し方 掃除
スポンサーリンク

子供って何にでも興味がわいてしまうんですよね。油性マジックも例外ではありません。

いたずらで体や服に文字を書いてみたり、床に絵を書いてしまったり、油性マジックの落書き、絶対に落とせない!と悲しくなりますが、それでも子供は楽しんでやっているので怒るに怒れませんよね。

子供のいたずらで、洋服や床、皮膚についてしまった油性ペンのいたずら書きの落とし方を紹介します。

スポンサーリンク

油性ペンの落とし方 洋服

洋服などの布についてしまった油性ペンって落としたくても、繊維の奥までインクが染み込んでいそうで諦めてしまいますよね。

ですが実際は油性ペンのインクは、洋服などの布類には消毒用エタノールあるいは除光液(プロピレングリコール類含有のもの)を汚れた部分に少しずつ垂らし、あて布をして裏側からたたくとインクをにじみ出せます。

しかし、おうちに消毒用エタノールやプロピレングリコール類を含む除光液なんて、常備してないこともありますし、言葉もちょっと難しくてわかりにくいですよね。

もちろん薬局などに行けば消毒用エタノールや除光液は売っていますが、わざわざ買いに出なくてもいいような方法が知りたいところです。

そんな時にオススメなのが洗濯用洗剤です。みなさんのおうちにある洗濯用洗剤の成分欄を見てみてください。「界面活性剤」の記載があるのではないかと思います。

その界面活性剤の割合が高ければ高いほど油性ペンの汚れには最適なんです。しかも洗剤を垂らして(粉洗剤であれば水に溶かして使ってください)一晩放置し、そのあと通常の洗濯物と一緒に洗濯するだけです。とっても簡単ですよね。

ほかにもクレンジングオイルもよく効きますので、おうちにあるという人は、最初にクレンジングオイルでもみ洗いしてから、界面活性剤の入っている洗剤を使って放置をするとさらに効果的です。

油性ペンの落とし方 顔や手の汚れ

みなさんも1度は経験があると思いますが、生活している中で油性ペンが手についてしまったなんてことありますよね。

石鹸でよく手を洗っても落ちないですが、日が経つと徐々に汚れも目立たなくなっていきます。ですので急いで落とす必要がなければいいかと思いますが、やはり子供の手にべったりついてしまった油性ペンのインクは早く落としてあげたいと思いますよね。

皮膚についてしまった油性ペンのインクは、目には目をと同じ要領で油には油をが効果的です。

油同士はくっつきやすい性質があるので、汚れを浮かしてそのまま洗い流してくれるんです。

例としては、先ほども紹介しましたがクレンジングオイルや、日焼け止めや口紅なんかも効果的です。

もし顔や手に油性ペンがついてしまったら、油系のものを使って汚れを落としてみてください。

スポンサーリンク

油性ペンの落とし方 床についたマジック

フローリングに、子供が油性ペンで落書きをしてしまうことは結構ありますよね。

ですが、フローリングには基本的にワックス加工されているので実質表面にしか汚れはついていません。

油性マジックのいたずら書きは、簡単に落とすことができるのです。

歯磨き粉などの研磨剤が含まれているもので優しくこすってみてください。ほかにも消しゴムでこすると消える場合もあります。

これらはごく簡単に楽に汚れを落とせますがフローリングのワックスがはがれてしまう可能性があり、またワックスがけをするのが面倒だと感じてしまいます。

そんなときはみかんの皮を使いましょう。みかんの皮1つにつき200ccの水で煮て、出来た煮汁をぞうきんなどに含ませてください。それで拭き上げをすると頑固なマジックの汚れも落ちてくれます。

みかんに含まれているリモネンという成分が油性ペンをきれいに落としてくれるんです。

ワックスをはがすことなく、むしろ自然派ワックスなのでフローリングをコーティングしてくれます。みかんから作るものなので小さい子供がいるお家でも安心して使えますよね。

油性マジックの落書きの落とし方 まとめ

子供が油性マジックを使って落書きをしてしまうと、あわててしまいますよね。

油性マジックのインクは、身近なものを上手に利用することで落とすことができます。

あわてずに、マジックの汚れ落としに挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました