珪藻土スプーンで砂糖が固まる?固まりをほぐす方法と固まらない保存方法

砂糖に珪藻土スプーンを入れると固まる その他の食品
スポンサーリンク

砂糖って、常温保存しておくと固まってしまうことがありますよね。

砂糖が固まらないように、珪藻土スプーンを入れておいても、固まってしまうということはありませんか?

実は、砂糖の保存には珪藻土スプーンが向かないんですよ。

砂糖が固まってしまう原因や、固まった砂糖をサラサラに戻す方法、固まらない砂糖の保存方法について紹介します。

砂糖が固まってしまうという方は、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

珪藻土スプーンで砂糖が固まる?

砂糖を乾燥させるために、珪藻土スプーンを使っている方も多いですよね。

しかし、珪藻土スプーンは砂糖の保存には向いておらず、むしろ砂糖を固まらせてしまうんです。

 

珪藻土スプーンは、調味料の湿気を吸い取って乾燥させる効果があります。

塩や顆粒だしなどは、珪藻土スプーンを入れて乾燥させることでサラサラの状態を保つことができます。

しかし、砂糖の保存には適度な水分が必要で、乾燥すると固まってしまいます。

珪藻土スプーンを砂糖に入れておくと、砂糖が乾燥してしまい固まってしまうのです。

砂糖の固まりをほぐす方法

固まってしまった砂糖を、サラサラに戻す方法をいくつか紹介しますね。

霧吹きを使って砂糖をサラサラにする方法

固まってしまった砂糖に、霧吹きを軽く1ふきするか、水を1滴たらします。

そのまま1時間ほど置いておくと、スプーンで軽く押しただけで固まりが崩れます。

食パンを入れて砂糖をサラサラにする方法

砂糖の容器の中に、カットした食パンを入れて5~6時間置いておきます。

パンの水分を砂糖が吸収して、砂糖がサラサラになります。

新しい砂糖を追加してサラサラにする方法

固まってしまった砂糖に、新しい砂糖を入れます。

新しい砂糖に含まれている水分で、固まった砂糖がサラサラになります。

濡れたキッチンペーパーで砂糖をサラサラにする方法

濡らして硬く絞ったキッチンペーパーを砂糖の容器に被せたり、容器の下に敷いておきます。

乾燥した砂糖が適度な水分を吸収してサラサラになります。

 

砂糖の固まりを元に戻す方法はいくつかありますので、やりやすい方法で試してみてくださいね。

スポンサーリンク

砂糖が固まらない保存方法

砂糖を保存するときは、湿度・湿気に気をつけてください。

砂糖を冷蔵庫に入れて保存する

砂糖を密封容器に移し替えて、冷蔵庫に入れて保存します。

冷蔵庫の中は湿度の変化が少ないので砂糖の保存に適しています。

普通の砂糖に顆粒状砂糖を入れて保存する

砂糖の中に顆粒状の砂糖を混ぜておくと、砂糖が固まりにくくなります。

顆粒状の砂糖とは、フロストシュガーと呼ばれるもので、ヨーグルトなどに付いてくる粒の大きなザラザラした砂糖です。

顆粒状砂糖は、水分を吸収しやすく、水分が離れやすい性質を持っています。

湿度が上がると先に水分を吸い取り、湿度が下がると吸収していた水分を放出してくれます。

そのため、上白糖に顆粒状の砂糖を混ぜておくと、湿気や乾燥から守る働きをし、砂糖が固まるのを防いでくれます。

顆粒状砂糖を混ぜる割合は、上白糖5に顆粒状砂糖1くらいの割合がおすすめです。

まとめ

砂糖を保存するときは、適度な湿度が必要です。

そのため、砂糖の中に珪藻土スプーンを入れておくと、砂糖が乾燥して固まってしまいます。

固まってしまった砂糖は、適度な水分を与えることで、元のサラサラな状態に戻ります。

砂糖を保存しておくと、固まりができてしまうという方は、冷蔵庫にいれるなど湿度を調節してあげると、砂糖が固まるのを防ぐことができますよ。

おすすめの記事
はちみつが白く固まるのを戻す方法や原因!固まらないものとの違い
白く固まってしまった蜂蜜を元に戻す方法や蜂蜜が白く固まる原因について紹介します。蜂蜜を常温で保存していても白く固まってしまうことがあります。蜂蜜は温めることで液体に戻りますが、湯せんで戻すときの温度や電子レンジで温めるときの注意点があるんですよ。
タイトルとURLをコピーしました