年賀状を失敗したら交換はコンビニでできる?手数料や期間はいつまで?

年賀はがきの交換方法 年末年始
スポンサーリンク

年賀状の宛名を間違えてしまったり、印刷が綺麗にできなくて失敗してしまったらガッカリですよね。

書き損じてしまった年賀状は、交換できるので捨てないでくださいね。

失敗してしまった年賀状の交換方法や手数料、交換期限、コンビニなどで購入した年賀状の交換の仕方など、詳しく紹介します。

書き損じてしまったり、余ってしまった年賀状も捨ててしまってはもったいないです。有効利用してくださいね。

スポンサーリンク

年賀状の書き損じの交換はコンビニでできる?

年賀状の書き損じの交換は、コンビニでは出来ません。

例えコンビニで購入した年賀ハガキであっても、コンビニで交換することは出来ません。

なぜなら、コンビニは販売の委託はされていますが、ハガキの交換業務は認められていないからです。

では、書き損じてしまった年賀ハガキは、どこで交換することが出来るかというと、郵便局です。

コンビニで購入した年賀ハガキでも、書き損じてしまったものや余ってしまった年賀ハガキは郵便局で交換することができます。

書き損じたハガキは、手数料を払えば今年のものの年賀状との交換も可能です。ただし年賀状に交換できるのは、今年の年賀状の販売期間内に限ります。

昨年の古い年賀ハガキは、今年の年賀ハガキには交換できません。

郵便局で年賀状の書き損じを交換する手数料は?

ハガキを郵便局で交換する手数料は、年賀状一枚につき5円です。

通常ハガキにも5円で交換できます。

書き損じたものや残ってしまった年賀ハガキは、年賀ハガキに交換する以外にも、手数料と不足分の金額を支払えば、通常切手や通常ハガキ、ゆうびん書簡、レターパックやスマートレターなどの特定封筒にも交換が可能です。ただ現金には交換することは出来ません。

書き損じたり、余ったり、また写真印刷したものでも交換が可能ですよ。

手数料はかかりますが、ハガキを買い直すより安いので、残ってしまった年賀状も郵便局で切手や普通ハガキに交換するといいですよね。
また、年賀状を購入した後に近親者に不幸があり、年賀状を出せなくなってしまった場合は、無料で交換することができます。

この場合、無料で交換できる期間は年賀状販売期間内に限ります。

無料交換できない場合もありますので、郵便局の窓口で確認してみてくださいね。

郵便局で交換してもらなえない年賀ハガキ

年賀ハガキでも、交換出来ないものもあります。

ハガキの料金を示す部分が汚れているもの、宛先が不明で戻ってきたハガキは交換出来ないので注意してくださいね。

スポンサーリンク

年賀状を失敗したら交換できるのはいつまで?

書き損じてしまった年賀状を、新しい年賀状に交換するのには販売期間内しかできないのですが、それ以外の切手や普通ハガキなどに交換する場合は期限がありません。

未使用のハガキはいくら古くても交換が可能です。ありがたいですね。

でもお年玉くじがついている年賀状は、もしかしたら当たりがあるかもしれないので、確認してからの交換がいいかもしれませんね。

書き損じてしまっても、期限がないのでとっておけば、いざゆうパックや書留を使いたい場合に、書き損じハガキを持っていき、切手や郵便料金に交換するということもできますね。

書き損じた年賀状の交換 まとめ

書き損じた年賀状の交換は、例えコンビニで買ったハガキでも、コンビニでの交換は扱っておらず、郵便局で交換します。

手数料は一枚につき5円かかりますが、ハガキを買い直すより安く、また年賀ハガキ以外にも、切手や通常ハガキにも変えられ、不足分を支払えば書留やゆうパックに交換することができます。

また 年賀状は販売期間内であれば今年の年賀状に交換できますが、年賀状以外に交換するときは期限がなく古いものでも交換してもらえるので、便利です。

失敗してしまった年賀状も、手数料を払えば切手や普通ハガキに交換してもらえるので、捨てるのはもったいないですよ。

おすすめの記事
年賀状を喪中はがきに交換できる?郵便局での手続や交換できるもの
身内に急な不幸があり、用意していた年賀状が出せなくなってしまったときは、無料で年賀状を交換することができます。不通は交換手数料が必要ですが、服喪の場合の無料で年賀はがきを交換する方法や、無料で交換できる期間、交換できるはがきや切っての種類について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました