洗濯物の色落ちの原因や防止する洗剤と洗い方!色落ちを元に戻せる?

色柄物の衣類の色落ちを防ぐ方法 洗濯
スポンサーリンク

お気に入りの衣類が洗濯で色落ちしてしまったらガッカリですよね。

そんな失敗をしないために、洗濯物の色落ちの原因や色落ちを防ぐための洗い方や洗剤の種類、色落ちしそうな衣類のチェック方法についても紹介します。

大切なお洋服が洗濯で色落ちしてしまわないように、洗濯機の機能や洗剤を使い分けることが大切です。

衣類の色落ちが心配という方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

洗濯物が色落ちする原因

色落ちとは、衣類の染料が洗濯するときに水に溶けだしてしまうことをいいます。

では、なぜ洗っただけで色落ちしてしまうのでしょうか?

それは、洗濯機で洗濯をする過程で、衣類同士がこすれてしまったり、すすぎや脱水をするときに洗濯槽内でぶつかることで色が落ちてしまうのです。

特にジーンズや色が濃い衣類が色落ちしやすい理由は、色を濃くだすために染料を多く使用しているためだといえます。

また、レーヨンや革、キュプラなどは色落ちしやすい素材なので、気を付けてくださいね。

洗濯物が色落ち 元に戻すことはできる?

実際に色落ちしてしまった衣類をどうにか元に戻したい!と考える方も多いと思いますが、先ほど説明した通り、染料がすでに水に溶けだしてしまっているため、家庭で元に戻すことは難しいです。

もう一度染め直すために、専門の業者にお願いするしかなくなりますから、特にお気に入りの衣類などは気を付けて洗濯した方が良いですね。

スポンサーリンク

洗濯で色落ちを防止する洗剤や洗い方

では、どうすれば衣類の色落ちを防止することができるのでしょうか?

まず洗濯をする前に、色落ちしやすい衣類などをしっかり把握しておくことが大切です。

洋服のタグなどに表示してある場合が多いので、確認しておくとよいですね。

普通の洗濯洗剤はアルカリ性で汚れが落ちやすくなっているので、そのぶん色落ちもしやすくなります。

色落ちが心配な衣類は、おしゃれ着洗剤などの中性洗剤を使います。

洗濯する衣類は、裏返してネットに入れて、手洗いモードで洗います

手洗いモードは通常のモードよりも水流が弱いので、衣類に刺激が少なく色落ちしにくくなります。

また、できれば色落ちしそうなものは、他の衣類と別に洗うと良いですね。

その他にも洗濯が終わった状態で濡れたままそのままにしておくと、色が他の衣類に移ってしまったりするので、洗い終わったらすぐに干してくださいね。

特に色落ちしやすい衣類は紫外線に当てると、より色が落ちやすくなりますので、日陰に干す方が良いでしょう。

洗濯で色落ちするか確認する方法

どうしても色落ちが心配なときは、まず色落ちチェックをし、洗濯機で回すのではなく、最初から手洗いで洗うことをおすすめします。

色落ちのチェックは、洗剤を溶かした水に衣類を浸けて数分置きます。すると、色落ちするものは水に溶けだしているので、色落ちしやすい衣類だといえます。

そのような衣類はあらかじめ手洗いをすると短時間で済みますし、余計に色落ちする心配もありません。

よっぽどひどく汚れているのであれば別ですが、中性洗剤で押し洗いをすれば十分汚れは落ちます。

その場合は、あまり暑いお湯ではなく、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

洗濯で衣類の色落ち

お気に入りの洋服が色落ちしてしまってはかなりショックですから、できる限り配慮して防止し、できるだけ長く着れると良いですよね。

色落ちを防止するためだけではなく衣類を痛めないためにも、洗濯機の使い方や洗剤を使い分けてみるなど、洗濯方法を見直してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました