出産の痛みの体験記!陣痛だけじゃない産後の痛みはいつまでつづく?

出産の痛みと生理痛の違い 妊娠
スポンサーリンク

今妊娠中の方や、これからいつか出産したいなと考えている方が一番不安に感じることは出産の痛みだと思います。

私自身も妊娠するまでは、出産した友人から話を聞いても「そんな痛いんだ~」くらいにしか思っていませんでした。

しかし、実際に妊娠すると色々な不安が出てきて、とてつもなく怖くなりました。

お腹の子が順調に育ってくれるのか、無事に産まれてこられるか、自分が本当に親になれるのかと不安はたくさんある中で、いつ来るか分からない出産の痛みは一番不安だった気がします。

きっとどんなお母さんでも同じだと思うので、私自身が体験した出産のときの痛みについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

出産の痛みの体験 痛いの陣痛だけじゃなかった

出産って産む時の陣痛が一番大変そうなイメージがありますが、私が一番「そんなの知らなかった!」と感じたことは、産んだ後までずっと痛いということです。

つわりをやっと乗り越えたと思えば、お腹が大きくなってくるとこむら返りにも悩まされました。

そして、前駆陣痛、陣痛、出産、産後のさまざまな不調。

友人や家族から出産の話は聞いていても、陣痛以外にもこんな痛いことがあるとは誰も教えてくれなかったので本当に驚きました。(かなり個人差はあると思います。)

出産の痛み 前駆陣痛は強めの生理痛の痛み

まずは、臨月に入ったくらいから夜眠れないほどの胎動と弱い前駆陣痛。

この前駆陣痛は陣痛の練習みたいなもので、例えると強めの生理痛でしょうか。

これが毎日寝る時間になると始まるので結構つらかったです。

これって陣痛?と何度も時間を測ったりしましたが、不規則なのが前駆陣痛で、今思えば陣痛はこれどころの痛みではありませんでした。

スポンサーリンク

出産時の痛みはどのくらい?

そして陣痛が来ると、最初はまだ話せる程度の痛みで、ひどい時の生理痛のような痛みでした。

それがだんだん強くなってくると、今まで経験したことのない痛みに最初はパニックになりました。

ひたすら痛みに耐えている間、「この痛みは例えるとなんだろう?」と考えていたのですが、私の場合は直接子宮を掴まれて絞られているような感覚でした。

私の場合はお腹が痛くなりましたが、腰が痛くなる方や、吐き気に襲われる方もいらっしゃるそうです。

そして、産む瞬間は本当に痛いのですが、陣痛から解放される!と思うと割と乗り越えられました。

産後すぐの処置として、切開した部分を縫ったり、胎盤を取り出したりする痛みはアドレナリンが出ていたせいか、痛みを感じなかったですし、そういった方が多いと思います。

出産の痛みを軽減するために私がしたこと!不安を少しでも減らすには?
出産の痛みは経験した人しかわからないといいますが、やっぱり出産前には不安になりますよね。私が初めて出産したときに、痛みを和らげるため方法として助産師さんに教わったことや実際にやってみたことなどを紹介します。不安を少しでも少なくするために出産の流れを知っておくことも大切だと思います。

陣痛の痛みを軽減するために、私がやった体験談も紹介しています。

産後も痛みで歩けない

そして、出産の痛みは赤ちゃんを産んでゴールだと思っていた私は、思いもよらない産後の痛みにかなり戸惑いました。

まずは、縫った傷口が痛くて座れない、トイレに行くのも大変でした。

手すりを使って引きずるようにしか歩けないほどの痛みです。

トイレに行っても、痛みが怖くてなかなか排泄ができませんでした。

同じ日に出産した方は普通に歩いていたので、これも個人差があるんでしょうね。

私の子どもが大きめだったというのもあるかもしれません。

産後の痛みで眠れない

また、産後数日経つと母乳をあげ始めますが、すると胸が張ってきて、これが眠れないほど痛いんです。

1人目はこんな感じで痛みの連続でしたが、2人目は出産がかなりスムーズで陣痛も一度経験しているうえに安産だったので、こんなに楽な出産があるのか!と思っていましたが、すぐに後陣痛に襲われ、喋れないほど痛かったです。

私の場合、後陣痛は陣痛並みに痛かったです。

陣痛でも泣いたことはありませんでしたが、後陣痛で初めて泣きました。

楽なお産なんてあり得ないなとこの時実感しました。

出産の痛みの体験

出産は痛いという話を聞くと、これから出産を迎える方は、不安に駆られるかもしれませんが、私の経験上では過剰に痛いものだ!と構えていた方が良かった気がします。

どんなに痛くても、その痛みを乗り越えれば可愛い我が子に会えると思って、ひたすら痛みに耐えました。

きっとこうやってお母さんは強くなっていくんだなと感じました。

タイトルとURLをコピーしました