住所の縦書きで数字の書き方!4桁や10、英語やアルファベットは?

縦書きで数字やアルファベットの書き方 生活
スポンサーリンク

年賀状や封筒など、住所を縦書きで記入する機会は意外と多かったりしますよね。

身内や親しい友達なら、宛名も横書きにしてしまっても良いですが、上司などの目上の人や企業に宛てる書類の封筒などではそうもいきません。

縦書きで記入する際、数字やアルファベットなどの書き方に困った経験はありませんか?

普段目にする機会はあれど、何となく読んでしまっているため、いざ自分が書くとなるとどうしていいのか分からなくなったりしますよね。

特に数字は2桁以上になると、人によって書き方が違ったりもするので、余計に悩みます。

そんなお悩みを解決するべく、今回は縦書きの住所の書き方で一番迷う桁数の多い数字や英語やアルファベットの会社名やビル名などの書き方について説明します。

スポンサーリンク

住所の縦書きで数字4桁や3桁の書き方

住所の番地などは1桁で済むものは意外と少なく、3桁や4桁のものが多かったりします。

縦書きで住所を書くとき、数字だけ横書きにしたり全て漢数字にするなど、人によって書き方が分かれます。

実は、縦書きで住所を書くときに、数字を使うか漢数字を使うかは「絶対にこう書かなければいけない」といった決まりはありません。

一般的には縦書きで住所を書くときには、数字も漢数字を使用します。

ですが、「123」などの3桁の数字を漢数字で縦に書くと



となり、縦書きだと区切りが解りづらくなってしまいます。

極端な話になってしまいますが、見る人によっては「二三一」に見えたりして、誤配もおきやすくなってしまいます。

そのため、





などの表記にすると読みやすくなります。

次に4桁の数字の場合です。

「2423」などの表記を







と書くと長くなってしまい、逆に読みづらくなってしまいます。

たとえばそれをハガキに書くとなると、数字が長くなる分スペースが窮屈になり、見栄えもよくありません。

ですので、そういった場合は




と書いた方が読みやすいですね。

あまりに読みづらい場合は、「233」や「2423」と、数字部分だけ横書きにしてしまってもかまいません。

スポンサーリンク

住所の縦書き数字で10やゼロの書き方

住所を縦書きにするときの、数字の「ゼロ」の書き方を説明します。

漢数字でのゼロは「〇」または「零」を使用します。

ですが、実際に住所を書きときは「零」を使用することはあまりありません。

基本的には「〇」を使用することが多いです。

漢数字で「〇」を書く際は、算用数字とは違い、横広がりになるよう意識して書くと綺麗に見えます。

10や200といった数字の「〇」の使い方は、




となります。

「壱〇」、「弐〇〇」というのも間違いではありませんが、一般的な書き方は前者となりますので、そちらの書き方にするほうが無難です。

住所の縦書きで英語やアルファベットの書き方

住所を縦書きにするときに一番困ることは、「英語表記」や「アルファベット」だと思います。

英語やアルファベットには縦書きという概念がありません。

そのため、アルファベット部分だけでも横書きにするべきなのか、悩んでしまいますよね。

では、例を挙げながら見ていきましょう。

たとえば、「CMKビル」や「AZマンション」などといった、ビル名や建物名によくある、アルファベットのみの並びで単語になっていないようなものは、漢数字同様そのまま縦に並べて書くようにします。

「TSS株式会社」などの会社名も同様です。

外国人のお名前や、「human academy」などといった、会社名が単語になっている場合は、名前や単語の部分だけ横書きにします。

「株式会社TSS human academy」というように、ただのアルファベットの並びと単語が混在しているような場合は、英語部分はすべて横書きにするとよいでしょう。

縦書きの住所の書き方 まとめ

縦書きで住所を書く場合、桁数の多い数字やアルファベットなどは書き方を迷ってしまいますよね。

縦書きの住所の書き方に特に厳しい決まりはありません。

その時々に合わせて、読む人が間違えないように読みやすい書き方をするように工夫するといいですね。

タイトルとURLをコピーしました