夏のお弁当のおかず子供向け!腐らせない方法と腐りやすい食材

腐らないお弁当の作り方 お弁当
スポンサーリンク

真夏や梅雨の時期は、お弁当が傷まないか心配ですよね。

子供のために頑張って作ったお弁当がお昼までに傷んでしまって、子供がお腹を壊してしまったらママもがっかりです。

暑い時期のお弁当は、腐らないように工夫することが大切です。

夏のお弁当が腐らない工夫や、子供の好きなお弁当のおかずの中でも、腐りやすい食材や腐りにくいものを紹介します。

子供に安心してお弁当を食べてもらうために、夏のお弁当を作るときに注意することをまとめました。

スポンサーリンク

お弁当を腐らせない方法

夏場にお弁当を作るときは、お昼までにおかずが傷まないか心配ですよね。

暑い季節のお弁当に、生ものなどのすぐ腐ってしまうものを入れるのはもちろんNGなのですが、その他にも腐りやすい食材や、腐りやすい調理法などがあります。

お弁当を腐らせないようにするためにはいくつかのポイントがありますので、具体的に説明していきますね。

お弁当に生ものを入れない

生ものというのは、刺身とかは当然ダメなのですが、ここでいう生ものというのは、火を通していない生の食材です。

例えば生野菜などは夏場のお弁当に入れるのは避けた方がいいでしょう。

ちくわやかまぼこなども、加熱しないで入れないようにします。

お弁当に汁気や水分の多いものは入れない

水分が多いと雑菌がつきやすくなってしまうので、水分や汁気が多いものはいれないようにしてください。

汁気があるおかずは、キッチンペーパーなどで水分をしっかり取ってからお弁当に入れるようにするといいですね。

お弁当には加熱してよく火を通して入れる

お弁当に入れるおかずは、表面だけあぶったものや、半熟のものは傷みやすいので避けましょう。

生たらこの表面をあぶったものや、ゆで卵の黄身が半熟なものも傷みやすいので気をつけてくださいね。

お弁当の味付けは濃いめにする

お弁当に入れるおかずは、味付けを濃くします。

防腐効果のある塩・砂糖・味噌などで少しだけ濃い味付けにすると傷みにくくなります。

粗熱を取ってからお弁当に入れる

作りたてのおかずやご飯などは、お弁当の蓋を閉める前にしっかりと粗熱を取るようにして下さい。

粗熱を取る理由は、温かいままお弁当箱に入れると、蓋に湯気がついて水滴になってしまいます。その水滴が菌を増殖させる原因になってしまいます。

お弁当に殺菌効果のある食材を入れる

殺菌効果のある食べ物をお弁当にいれると、お弁当の傷み予防になります。

わさびや生姜が殺菌効果のある代表てきな食材ですが苦手な子も多いので、子供のお弁当なら梅干しが食べやすくいいですね。

お弁当に抗菌シートや保冷剤を入れる

せっかく粗熱をとって入れたお弁当のおかずも、朝作ってお昼までの時間に暑いところに置いておくと腐ってしまいます。

お弁当用の抗菌シートや保冷剤を入れた保冷バックなどを活用して、お弁当の腐敗を防ぐようにしてください。

スポンサーリンク

お弁当のおかずで腐りにくいもの

子供のお弁当には、食べやすく子供が好きなおかずを、なるべく入れてあげたいですよね。

子供が好きなお弁当のおかずで腐りにくいものを紹介します。

カレー味のお弁当のおかず

子供の好きなものと言えばカレーが思いつきますが、さすがにカレーは水分も多いので夏のお弁当にむきません。

カレー粉には抗菌効果がありますので、カレー粉で味付けしたものを入れてあげると喜びます。

唐揚げ

子供が好きな揚げ物も大丈夫です。前の日のおかずの残りの場合は、もう一度加熱してからお弁当に入れるようにしましょう。

その他、卵焼きやウインナーも腐りにくいおかずですが、夏のお弁当に入れるときは、しっかりと火を通してから入れるようにして下さいね。

お弁当にぴったり!コンビニの塩味卵の作り方も紹介しています。

お弁当で腐りやすい食材

夏のお弁当に向かない、腐りやすい食材は何でしょうか。

マヨネーズ

実はお弁当によく使われがちなマヨネーズは、傷みが早い食材ですので、夏場は特にお弁当に入れるのは避けた方がいいと思います。

根菜類

じゃがいもやレンコンなどの根菜類も傷みが早いですし、根菜類を煮物にした場合は水分も多くなってしまいますので避けましょう。

ハムやチーズ

子供のキャラ弁によく使われているチーズやハムも傷みやすい食材です。

ハムは生のままお弁当に入れず、しっかり火を通せば大丈夫ですよ。

味付けご飯

子供が大好きなチキンライスや炊き込みご飯は、水分が残りやすいためどうしても傷みやすくなってしまいます。

子供は味のついたご飯が好きですが、夏場はふりかけ程度にしておいた方が安心です。

夏の子供のお弁当を作るときの注意点 まとめ

夏場のお弁当はお昼までに腐らないか心配ですよね。

特に子供は傷んでいるおかずに気が付かずに食べてしまって、お腹を壊してしまっては大変です。

子供のお弁当に入れる食材は、傷みにくいものを選んで、しっかり加熱してからお弁当に入れるようにしましょう。

殺菌効果のある食材や、抗菌シートを使ったり、お弁当のおかずを詰めるときは、なるべく手で触らないなどの工夫も大切です。

また、ご飯やおかずもしっかり冷めてからお弁当の蓋を閉めたり、夏のお弁当が腐らないように注意しましょう。

子供も大好きなママのお弁当、安心して食べさせてあげたいですね。

タイトルとURLをコピーしました