七五三のお祝い孫への相場は?のし袋の書き方や祖父母の服装

孫の七五三のお祝いの仕方 子供
スポンサーリンク

子どもの健やかな成長を祝う七五三は、おじいちゃんおばあちゃんにとっても嬉しいですよね。

初めてのお孫さんであれば喜びも一段と大きく、成長を盛大に祝ってあげたいという気持ちも大きいのではないかと思います。

孫の御祝いで張り切りすぎると、相手方の祖父母との差が出てしまい、気まずい思いをすることもあります。

祖父母が孫の七五三のお祝いのご祝儀の相場や、のし袋の書き方、服装のについてまとめました。

大切なお孫さんの晴れの舞台、素敵な思い出になるといいですね。

スポンサーリンク

七五三のお祝い孫への相場は?

七五三のお祝いを包むとなると悩むのは金額ですよね。

一般的に祖父母からの七五三のお祝いの相場は、1万円~5万円です。

なかには、5万円~10万円も包む方もおり、必ずこの金額という決まりはありません。

親戚からの七五三のご祝儀の相場が5千円~1万円ですので、お孫さんとなるとこの額よりは多く包んであげたいところです。

しかしお孫さんとなると相手方のご両親もご祝儀を包んでくることでしょう。相手のご両親とあまりご祝儀の金額に差があり過ぎても、後々の付き合いに響くこともあります。

私の子どもが七五三を迎えた時には、やはり両家のご祝儀の金額にとても差がありました。

どちらもありがたく頂きましたが、額が少な過ぎて差が大きい時にはお互いに気にしてしまうこともあります。

祖父母と一緒に住んでいるか、離れて暮らしているかでも違ってくる事もありますし、お孫さんが多い場合には多く包めない事もあります。

また、地方では女の子のお祝いは母方の両親が着物を贈ったり、男の子であれば父方の両親が贈るという事もあります。

ですので、一般的な七五三のお祝いの相場を踏まえつつ、お孫さんの両親や相手方の両親と話し合ったり相談をして決めるのも、揉め事を減らす一つの手です。

普段から親しくコミュニケーションをとっておくといいですね。

スポンサーリンク

七五三のお祝い のし袋の書き方

七五三のお祝いを渡すとなると、のし袋選びや書き方も迷いますよね。

七五三のお祝いの熨斗袋の選びときは、紅白の蝶々結びになっているものを選びます。

蝶々結びになっているものは、ほどけても結び直せるということから、何度あってもめでたいという意味があります。

次にのしの表書きは、「七五三御祝」または「御祝」と書くのが一般的です。

少し凝ったものにしたい時には、年齢別でかけるものを紹介します。

七五三 3歳のお祝いの熨斗の書き方

御髪置御祝

(由来)3歳で御髪置きの儀を行い、髪を櫛で左右に分け、髪を伸ばし始めるお祝いの儀式から。

七五三 5歳のお祝いの熨斗の書き方

御袴着御祝

(由来)5歳で袴を着せ始めるお祝いの儀式から。

七五三 7歳のお祝いの熨斗の書き方

御帯解御祝

(由来)7歳の女の子に帯を付け始めるお祝いの儀式から。

ちょっと難しいですね。私の子供の七五三のお祝いでいただいたご祝儀袋には、このような難しい表書きはなく、「御祝」「七五三御祝」と書いてありました。

七五三 ご祝儀袋の表書き

マナーとして表書きは濃い筆で書き、紙幣は新札が望ましいです。

お金を包むときは表を正面にして肖像を上にして入れます。

金額の書き方は、「壱」や「萬」などの大字を使いますが、「一」や「万」でも失礼とはなりません。

実際には、「一」や「万」の方がよく使われていますね。

七五三のお祝い 祖父母の服装

孫の七五三の祖父母の服装は?

七五三のご祈祷やお祝いの席に呼ばれたときの、服装も悩みますよね。

七五三のお祝いの場合、まず大事なことは主役は「七五三を迎える子供」であるという事です。

孫のお祝いで張り切ってしまい、服装が派手になり過ぎないように気をつけてくださいね。

反対にカジュアルすぎる服装もNGです。

七五三 祖母の服装

祖母の服装については、和装か洋装になります。私が七五三のお祝いで神社に行ったときは、女性は洋装が多く見られました。

洋装の場合は、ジャケットや品のあるお出かけ着、上下一式のものなど、上品な色合いで落ち着いた服装がおすすめです。

着物の場合は、小紋や留袖は七五三の御祝い向きではありません。訪問着や府下げの色合いが落ち着いたものを選びます。柄も上品なものが良いですね。

七五三 祖父の服装

祖父の服装は、スーツが基本です。和装はまずないでしょう。

清潔感のあるビジネススーツやフォーマルスーツに、明るめのお洒落なネクタイなどを付ければ更に良いでしょう。

ただし斜めストライプのネクタイはNGです。光沢のあるものやドット柄など、華やかになるものを選びます。

靴も革靴でビシッと決めてくださいね。

ジーンズや普段着は避けましょう。

七五三のご祈祷に来ている家族は、ほとんどが正装でしたので、普段着では反対に目立ちます。

ただ主役のお孫さんのご両親がカジュアルな服装な場合は、それに合わせた方がバランスが良いですので、事前に聞いておくと良いですね。

孫の七五三のお祝い まとめ

祖父母から孫への七五三のお祝いの相場は1万円~5万円くらいですが、特に決まりがあるわけではありません。

相手方の両親との金額に差がありすぎると、気まずくなることもありますので、事前にリサーチしておくと安心です。

ご祝儀を入れる熨斗袋の表書きは「御祝」「七五三御祝」が多いです。

七五三のご祈祷やお祝いの席に呼ばれている場合の服装は、カジュアルな服装よりも派手すぎない上品な服装をこころがけてくださいね。

七五三のお祝いは大切なお孫さんの晴れ舞台、一生の思い出にしてあげたいですね。

お孫さんだけでなく、父親や母親にとっても一生に一度の大切な日です。みんなが笑顔で過ごせるようしっかりとマナーを守って行くことが大切です。

素敵な一日となることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました