冷蔵庫の廃棄の方法や料金!買い替え以外でも家電量販店に頼める?

冷蔵庫の処分方法 生活
スポンサーリンク

引っ越しなどで、古い冷蔵庫を処分しなければいけない時、どうやって破棄するのかご存知ですか?

冷蔵庫を買い換える場合は、新しい冷蔵庫を買うお店で処分してもらうことができますが、古い冷蔵庫を買い換えずに処分するとなると、どうやって廃棄すればいいのか、冷蔵庫を廃棄するにはどのくらいの料金がかかるのか不安になってしまいますよね。

冷蔵庫などの大型家電などは、家電リサイクル法というものによって、破棄の仕方が決められおり、正しい方法で破棄しなければいけません。

では、どのような方法で破棄するのか、料金はどのくらいかかるのかをお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

冷蔵庫の廃棄方法

家電リサイクル法という言葉を聞いたことがありますか?

一般家庭や事務所から出たテレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの特定家庭用機器廃棄物から有用な部品などをリサイクルして廃棄物の減少や資源の有効利用を推進するための法律を『特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)』と言います。

そのため、冷蔵庫は正しく破棄しないと罪になってしまうんです。

冷蔵庫の破棄方法はいくつかありますので順番に紹介していきます。

冷蔵庫を家電量販店に引き取ってもらう

  • 冷蔵庫を新しく購入する場合

冷蔵庫を新しく購入する際に、古い冷蔵庫を引き取ってもらえます。その場合はリサイクル料金と収集運搬料がかかります。

  • 冷蔵庫を購入した電気屋さんに引き取ってもらう

処分しようとしている冷蔵庫を購入した販売店に引き取ってもらうことができます。この場合もリサイクル料金と収集運搬料がかかります。

冷蔵庫を指定の取引場所に持って行く

全国にある指定の取引場所に直接冷蔵庫を持って行き、引き取ってもらうことができます。

この場合は直接自分で冷蔵庫を持ち込むので運搬料金はかからずリサイクル料金だけが必要になってきます。

冷蔵庫を買い取り専門店に持って行く

まだ綺麗で使える冷蔵庫は、買い取り専門店に持って行く方法もあります。

リサイクル料金と収集運搬料がかからず、状態が良ければ買取金額がもらえることもあります。

市町村に問い合わせる

処分しようとしている冷蔵庫の購入した電気屋さんがわからない場合は、市町村に問い合わせると、市町村によっては引き取ってくれるところもあります。

引き取ってもらえなくても廃棄方法を教えてもらえるので、破棄方法がわからない場合は市町村に問い合わせてみるといいと思います。

 

スポンサーリンク

冷蔵庫を処分するときの料金

冷蔵庫の処分する際に必要な料金は、冷蔵庫の大きさなどでも変わってきますが、リサイクル料金と収集運搬料合わせて、だいたい5,000円前後です。

冷蔵庫の廃棄は家電量販店に頼める?

新しく冷蔵庫を購入した時に、古い冷蔵庫を引き取ってもらえますが、買い替えないと家電量販店には引き取ってもらえないのかな?と疑問に思う人も多いと思います。

家電量販店にもよっては断られるところもありますが、処分だけを頼めるところもあります。

その場合は「家電リサイクル券」というものを郵便局で購入し、処分の手続きや手配を自分でしなければなりません。

ちょっと面倒ですね。

冷蔵庫の廃棄は引っ越し業者に頼める?

引っ越しの際に、冷蔵庫などの家電が不要になってしまうこともあると思います。

引っ越し業者に処分を頼めるのなら、ついでに処分をお願いしたいものですよね。

実は引っ越し業者でも引き取ってもらえるんです。

引っ越しを引っ越し業者にお願いしているのなら、冷蔵庫も引き取ってもらえれば新たに処分してもらう業者を選ぶという手間も省けますよね。

不要になった冷蔵庫を引っ越しのときに引き取ってもらえると手間は省けるという点では本当に便利なのですが、その分引っ越しのトラックが大きいものになる可能性があります。

トラックが大きくなれば、もちろん引っ越し費用も高くなってしまうということがありますので注意して下さいね。

冷蔵庫の廃棄方法 まとめ

昔は粗大ごみとして捨てられていた冷蔵庫ですが、家電リサイクル法が定められてからは粗大ごみでは捨てられなくなりました。

間違った破棄方法をしていたら、知らずに罪になってしまうこともあるので、正しい方法で処分しましょう。

どうしても冷蔵庫の破棄の仕方がわからないという場合は、お住まいの市区町村に問い合わせて確認してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました