とろけるチーズの開封後の賞味期限!冷凍保存の方法と使い方

とろけるチーズの保存方法 チーズ
スポンサーリンク

ピザトーストやグラタンに使用するとろけるチーズは、チーズ好きにはたまらない美味しさですよね。

また、チーズ嫌いの人でもとろけるチーズなら好き!という人も結構多いんじゃないでしょうか。

そんなとろけるチーズですが、使う頻度が少ないために、冷蔵庫の隅の方に忘れられていることもあるかもしれません。

とろけるチーズは、開封したらどのくらいで食べきった方がいいのでしょうか?

開封後の賞味期限や、冷凍や解凍の方法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

とろけるチーズの開封後の賞味期限はどのくらい?

とろけるチーズの賞味期限は、3~6ヶ月くらいです。

しかし、開封して1度空気に触れてしまうと傷みやすくなります。

とろけるチーズには1枚1枚個包装されているスライスチーズと、細かくカットされていて1袋にまとめて入っているシュレッドチーズがあります。

 

スライスチーズは、原料がプロセスチーズなので加熱処理されています。そのため発酵が止まっていてわりと日持ちしやすいと言われています。

スライスチーズは日持ちしやすいチーズですが、やはり開封してしまったら劣化が進んでしまいます。

スライスチーズは開封後は、なるべく早く2週間くらいで使い切るようにしましょう。

細かくカットされているシュレッドチーズは、原料がナチュラルチーズなので、発酵が続いています。そのため劣化も早くなってしまいます。

シュレッドチーズは開封後、10日以内で食べきるようにして下さい。

 

開封して余ってしまったとろけるチーズは、保存袋に密封して空気に触れないように保存して下さい。

私は朝食によくとろけるチーズを使用しているので、常に冷蔵庫にはとろけるチーズが入っています。

ジップロックなどの保存用袋に密封して保存していますよ。

100円ショップなどにもチーズ保存容器がありますので、活用してみるといいですね。

 

スポンサーリンク

とろけるチーズは開封後に冷凍できる?

実はとろけるチーズは冷凍することもできるんです。

しかし、チーズは冷凍したら食べる時に加熱しないとあまり美味しくありません。

とろけるチーズなら加熱して調理すると思いますので、冷凍にむいています。

あまりとろけるチーズの出番がない!という家庭なら、買っても余らせてしまうことが多いと思いますので、使わない分のとろけるチーズは開封後すぐに冷凍しておくといいですね。

 

シュレッドチーズはタッパーなどの容器に移し替え、そのまま冷凍するとパラパラ固まることがないので使う時もとても使いやすいですよ。

1枚1枚個包装されているスライスチーズは、開封前なら袋ごと冷凍できます。

開封後のスライスチーズは、ラップに包まず冷凍保存袋にそのまま1枚1枚入れて冷凍することができます。

とろけるチーズを冷凍したら解凍が必要?

とろけるチーズは解凍せず凍ったまま使用することができます。

チーズには脂肪分が含まれているので、凍らせてもパラパラになります。

そのため、使う時も凍ったままパラパラとふりかけて加熱するだけでOKです。

凍って温度が低い分、こんがり美味しそうな色がつくまでに時間がかかってしまうことがありますので、お急ぎで作りたい時などは事前に自然解凍しておくといいですよ。

 

とろけるチーズ以外にも「いろいろなチーズの保存方法」も紹介しています。

とろけるチーズの開封後の保存方法 まとめ

とろけるチーズは色々な料理に使うことができますが、家庭の冷蔵庫の中で忘れられがちな食材でもあります。

とろけるチーズは開封して空気に触れてしまうと傷みやすく、忘れていて気付いたらカビてしまっていたという話もよく聞きます。

 

冷蔵保存する場合はチーズの種類によって賞味期限の長さが違いますので注意して下さいね。

一度開封したとろけるチーズは、賞味期限にかかわらず早めに食べきるようにして下さい。

しばらく使う予定がない場合は、すぐに冷凍保存をしましょう。

冷凍すると意外と使いやすいので、無駄なく食べきりましょうね。

タイトルとURLをコピーしました