厄年の女性の年齢は何歳?妊娠出産する人への厄払いになる贈り物は?

女性の厄払いのプレゼント 厄年・厄払い
スポンサーリンク

女性にとって出産は「命がけの」です。厄年での出産って気になりますよね。

女性の厄年の年齢や、厄年での出産について紹介します。

また、厄払いになる贈り物も紹介します。

家族や妻が厄年での出産を控えているという方は、厄払いのプレゼントを贈って、不安な気持ちを取り除いてあげるのも素敵ですよね。

出産を控えた女性はもちろん、ご家族に厄年での出産を迎える方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

厄年の女性の年齢は何歳?

女性の厄年は19歳・33歳・37歳・61歳です。

中でも一番気をつけなければいけないと言われている「本厄」は33歳です。

前厄、後厄も含めると、女性の場合30代のほとんどが厄年となってしまいますよね。

厄年の女性の出産

最近では、30代で出産をしたいという方が多くいらっしゃいますが、厄年だけどいいのかな?と不安に感じることもあるでしょう。

迷信だろうと思っていても、出産となると命に関わることですから、どうしても気になってしまいますよね。

厄年で出産すると厄払いになる?

女性が厄年での出産を気にする方も多いですが、結論からいうと、厄年で出産しても大丈夫です。

昔から、「出産をすると厄落としになる」といわれていました。

ただし、地域で風習が違う場合はたくさんあるため、「出産をしても親の厄落としにはなるが、産まれてくる子どもの厄は払わないといけない」といった風習もあるようです。

これは科学的根拠のない言い伝え的なものですが、厄年に産まれてくる子どもの厄払いというものも行われていたようです。

スポンサーリンク

厄年の女性への贈り物

厄年の贈り物ってあまり馴染みが無いように感じますが、ずいぶん昔から身近な女性に厄除けになる贈り物を贈る風習がありました。

昔は長寿や幸せが巻き付くようにと、帯や腰ひもなどの長いものが贈られていたのですが、なかなか今の時代には一般的ではないですよね。

最近ではマフラーやスカーフ、ネックレスなどがよく選ばれるようです。

他にも、神様の存在を連想させる蛇や龍の柄である、うろこ模様や七色のものにも厄を遠ざけると言われています。

うろこ模様のものと言えば、財布やかばんなどですが、高価な物になってしまいがちなので、気を遣わない間柄の方への贈り物には良いですよね。

七色のものといってもあまり浮かびませんが、真珠が多いようです。

真珠のネックレスといえば女性は冠婚葬祭でも使うものなので嬉しいですよね。

真珠の贈り物は、どの年代にも喜ばれると思います。

出産する妻への贈り物

女性にとって、出産は命がけです。

更に、厄年だと大丈夫かな?と、心配になってしまいますよね。

ご家族や奥さんが厄年での出産を控えていたら、厄払いのプレゼントを贈るのも素敵ですね。

普段、あまりプレゼントなど考えいないという方も、この機会に女性に「厄払いの贈り物」を贈ってみてはいかがでしょう?

冠婚葬祭や生まれてくる子供の入園・入学式にも使えるパールのネックレスは、奥さんへのプレゼントにおすすめです。

Check! ⇒ 【楽天市場】パール ネックレス 口コミランキング

厄年の女性の年齢と厄払いの贈り物

厄年は、女性も男性も「身体や環境に変化がある年であるため、十分に自分の体に目を向けて気を付ける」といった由来があります。

神経質に厄年だからと、出産が怖いと考えてしまうと、それこそ身体によくありません。

厄年を迎える女性に「厄払いの贈り物」を贈って、不安な気持ちを少しでもぬぐえるといいですね。

また、どうしても不安な場合は、きちんと神社などで厄払いをしてもらうといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました