ポインセチアの花言葉を色別に紹介!クリスマスプレゼントには赤?白?

クリスマスプレゼントに花言葉を添えたポインセチア クリスマス
スポンサーリンク

ポインセチアと言えばクリスマスによく見る真っ赤なあの花。

お店などに並び始めると、「ああ、今年もクリスマスがきたな~」と感じますよね。

別名「クリスマスフラワー」と呼ばれるほどです。

ポインセチアというと赤い花の印象ですが、パッと見真っ赤になっている部分はあれも実は葉っぱなんです。

緑と赤の葉っぱの真ん中につぼみがあり、そこに小さな花を咲かせます。

よく見る色は赤のポインセチアだとは思いますが、白やピンクなどもあるんですよ。

色別のポインセチアの花言葉を紹介します。

大切な人へのクリスマスプレゼントに花言葉を添えて、ポインセチアを贈ってくださいね。

スポンサーリンク

ポインセチアの花言葉を色別に紹介します

もともと赤色のものが主流だったポインセチアですが、品種改良が進み白やピンクも多く見られるようになりました。

ポインセチアの色別に花言葉を紹介します。

ポインセチアの花言葉 赤

赤いポインセチアの花言葉。

クリスマスを表す

  • 祝福
  • 聖なる願い
  • 聖夜

真っ赤な炎をイメージさせる

  • 私の心は燃えている

ポインセチアの花言葉 白

白いポインセチアの花言葉。

  • あなたの祝福を祈る
  • 幸運を祈る
  • 慕われる人

ポインセチアの花言葉 ピンク

ピンクのポインセチアの花言葉

  • 清純
  • 思いやり

 

メキシコっぽい情熱的な印象を持たせる赤の花言葉に対して、

後から出てきた白とピンクの花言葉は、色の通り優しく柔らかな印象の花言葉ですね。

 

用途に応じて色を変えてみるのも面白いと思います。

アレンジ可能!いろんな場面で活躍してくれます。

クリスマスに鉢植えの状態で飾るのはよく見かけます。

しかし、鉢植えも良いですが、花をリースにアレンジするとお店で売っているようなオシャレなリースに仕上がりますよ。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントにもおすすめのポインセチア

ポインセチアの花言葉から、クリスマスプレゼントにもおすすめです。

赤いポインセチアは「私の心は燃えている」という花言葉があるので、告白の場面や恋人へのプロポーズにももってこいですね!

また、白いポインセチアには「あなた祝福を祈る」という花言葉から、恋人だけではなく家族や友達へのちょっとしたプレゼントに添えるととてもおしゃれですよね!

ポインセチアの花言葉で「結婚しない」とは?

ポインセチアの花言葉を調べてみると、「結婚しない」というワードが出てきます。

プレゼントに贈ろうと思っていたのに、花言葉でネガティブなワードが出てくるとちょっとためらってしまいますよね。

しかし、これはドラマ「結婚しない」の中で、ポインセチアの花言葉「あなたの幸せを祈る」と紹介されてから、ちょっとはき違えた形で広まってしまったようです。

ですから、本来の花言葉とは全く関係ないんですよ。

ポインセチアがクリスマスの花と言われているのはなぜ?

クリスマスにポインセチアが使われるようになったのでしょうか?

由来をたどってみると明治時代、日本にポインセチアがやってきました。

日本での歴史は100年以上にもなります。

それよりもずっと昔、ポインセチアの原産国のメキシコではクリスマスに使われていました。メキシコでは、「聖夜」という意味で「ノーチェ・ブエナ」と呼ばれているほどです。

ポインセチアは葉が緑と赤、樹液は白であることから、クリスマスカラーそのものであり、葉の形が星に似ているという点でも、クリスマスに選ばれた花だといえます。

また、ヨーロッパでは「キリストの血」という意味でクリスマスに「赤」の物を飾る習慣があったことから、ポインセチアはピッタリだったということです。

ポインセチアの花言葉

ポインセチアといえばクリスマスの花というイメージですが、11月頃からお花屋さんの店頭に並び始めます。

お部屋に飾るのはもちろん、花言葉を添えて、大切な人へのプレゼントにしても喜ばれますね。

店頭でポインセチアを見かけたら、ぜひ手にしてみてはいかがでしょう?

タイトルとURLをコピーしました